専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
国内テニス

テニスが、スポーツが新しく動き始めることを願い…。『BEATCOVID-19オープン』の開催を決断した2人の思い

内田暁

2020.06.03

ファンのサポートによる大会開催を喜ぶ日比野菜緒。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

ファンのサポートによる大会開催を喜ぶ日比野菜緒。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

 2カ月以上実戦から離れている選手たちにとって、このような新規イベントが大きなモチベーションになるのは間違いない。すでにエントリーしている日比野菜緒は、「試合ができて賞金が貰えることももちろんですが、テニス選手のために何かをしたいと思ってくれる人がいることが、幸せだと思いました」という。

 同じく出場を表明する加藤未唯も、「こんな状況の中で、大会を作ってくれる方がいることはありがたい。コーチたちが、そこまでして私たちにモチベーションを取り戻させようとしてくれていることも、うれしく感じます」と謝意を口にした。

 そして2人が声を揃えたのが、「ファンの方たちに良いプレーを見せたい」との思い。クラウドファンディングというシステムも、モチベーションを高める要因になっている。

 2018年全日本選手権優勝者の清水綾乃も、エントリー表明者の1人。彼女の場合、拠点とする群馬県から兵庫への“遠征”となるため、現状では不安が全くない訳ではないという。それでも試合への渇望と、クラウドファンディングという新しい試みへの「ワクワク」は、何にも勝り大きかった。全選手へのPCR検査など、徹底した感染対策を講ずる運営側への信頼も、出場を決めた要因だという。
 
 今回の大会は、感染対策などの面で「相当厳しい枠組みの中でやることになる(竹内)」のは間違いない。その上で山根氏と竹内の両氏は、「必ず成功させたい」との強い決意を共有する。それは単に今大会やテニスに留まらず、同じ志を抱く全てのスポーツ関係者たちに希望を与え、新たな興行モデルを示すため。

 長く停止したテニスおよびスポーツ界が、一つの歯車が回ることにより、動き始めることを願って。

■BEATCOVID-19オープン■
2020年7月1日(水)~3日(金)
ブルボンビーンズドーム(〒673–0703 兵庫県三木市志染町三津田1708)
男女シングルス(男女各10名)
・エントリーした選手の中でJTAランキング上位から男女7~8名
・上記の他、WC枠として男女2~3名
1)予選は各リーグ5名によるラウンドロビン方式
2)決勝トーナメントは上位1位2位によるトーナメント方式
3)ショートセット(4ゲームマッチ)の3セットマッチ決勝戦のみ3セットマッチ
4)試合は主審のみ。主審が全てのジャッジを行なう。
総額1,000万~2,000万円※クラウドファンディングにて集まった額に応じて決定
クラウドファンディングはここをクリック

文●内田暁

【PHOTO】出場する、日本女子テニス界のアイドル、加藤未唯の厳選フォトをお届け!
 
NEXT
PAGE
【動画】テニスラボ作成の選手たちが登場する、新しい生活様式に沿ったテニスのプレーガイドライン『Stay safe, Play tennis』

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング