専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

“聖地の神様”が伊達公子に与えたベスト4の栄誉と日没という悪戯…/1996年女子準決勝【ウインブルドン名勝負】

スマッシュ編集部

2020.07.09

「日没がなければチャンスはあったかもしれない。でもそれも運ですから…」と語る伊達。美しい敗戦だった。写真:滝川敏之(THE DIGEST写真部)

「日没がなければチャンスはあったかもしれない。でもそれも運ですから…」と語る伊達。美しい敗戦だった。写真:滝川敏之(THE DIGEST写真部)

 第1セットはグラフのパワーに伊達は自分のテニスをさせてもらえず、2-6で落とす。しかし第2セット0-2でグラフがダブルフォールトを3本犯し、伊達がブレークしてから試合が動き始めた。

 それまで置きにいっていたストロークが振り抜け、それと同時に深く、鋭くなる。忍び寄るようなフットワークに、ネットプレーも冴えわたる。2-2で迎えた第5ゲーム、9度のデュースでブレークすると、試合はすっかり伊達のペースとなり、6-2で第2セットを奪った。

――日没サスペンデッド

 夜8時56分、非情なアナウンスは上り調子の伊達の勢いを阻んだ。もう太陽は昇らない。翌朝になるまで……。

 残りは1セット。
 
 前日とは打って変わって太陽が降り注ぐ。グラフはサービスの威力と精神力を取り戻していた。伊達は苦しむ暇も与えられず、試合はわずか26分、3-6で終わりを告げた。

「負けたことは悔しいけれど、今はセンターコートで戦うという夢が実現できた充実感でいっぱいです」。試合後、伊達は満面の笑みでそう語った。

「グランドスラムの決勝を一度は味わってみたい」。

 グラフとの善戦、磨きのかかったプレーと集中力は、それを現実にさせる力を持っている。夢を与える側、見させてもらう側、その間にある差は計り知れないが、伊達なりにそれを実現していって欲しい。

 伊達の夢は、皆の夢でもあるのだから。

◆1996年ウインブルドン:伊達公子戦績
【準決勝】
伊達 2-6 6-2 3-6 S・グラフ
【準々決勝】
伊達 3-6 6-3 6-1 M・ピアース
【4回戦】
伊達 5-7 7-6(5) 6-3 C・マルチネス
【3回戦】
伊達 2-6 6-4 6-2 K・ブーゲルト
【2回戦】
伊達 6-7(5) 6-3 6-3 A・G・シド
【1回戦】
伊達 6-0 6-3 長塚京子

※月刊スマッシュ1996年9月号を再掲載

【PHOTO】グランドスラムってこんな感じ!本誌未公開、大会スナップ写真をお届け!2019年版

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング