専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

「とんでもなくスゴイ成績!」「女子の新エースなのでは」レジェンドの記録を塗り替えた一山麻緒の快走に称賛の嵐!

THE DIGEST編集部

2020.03.08

「30キロからが本当の勝負だと思っていたので、その通りの走りができたので嬉しいです」との言葉通り、終盤に強さを見せた一山がレースを制した。写真:日刊スポーツ/朝日新聞社

「30キロからが本当の勝負だと思っていたので、その通りの走りができたので嬉しいです」との言葉通り、終盤に強さを見せた一山がレースを制した。写真:日刊スポーツ/朝日新聞社

 圧巻の走りで五輪切符を射止めたヒロインへの賛辞が止まない。

 3月8日、東京五輪代表の残り1枠を懸けた名古屋ウィメンズマラソンが行なわれ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で優勝を飾った。この結果、一山は大阪国際女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、五輪代表に内定した。

 また、一山の記録は2003年の大阪国際女子マラソンで野口みずきがマークした国内最高の2時間21分18秒を破る日本歴代4位の好成績。本人は、この会心の走りに「記録までついてきてくれて嬉しいです」と笑顔を見せた。

 冷たい雨が降るなかで行なわれたレースは、誰が見ても分かる悪コンディションだった。にもかかわらず、一山は30キロを過ぎると猛烈にスパートをかけ、ペースの上がらない後続を突き放してゴールテープを切った。「30キロからが本当の勝負だと思っていたので、その通りの走りができたので嬉しいです」と充実感たっぷりの納得のレースだった。
 
 悪条件に負けない力強いランニング、五輪選考のプレッシャーを撥ね退けた精神力にファンも驚きを隠せなかったようで、一山の優勝を伝えた日本陸上競技連盟の公式ツイッターには、次のような称賛のコメントが寄せられた。

「文句無しの代表ですね。女子の新エースなのでは」
「とんでもなくスゴイ成績!冷たい雨の中耐えて、30キロ過ぎにスパートして海外選手を突き放しての圧勝!野口みずきさんの国内最高記録を破ったのもすばらしい!有森裕子さん高橋尚子さん野口みずきさん、レジェンド3人から優勝を祝福されてたのもスゴイ絵だった!」
「最高の走り、ベストタイム ほんとうに、お疲れ様でした~ おめでとうございました」
「本当にすごくカッコよかった。天候からスタートの時点で難しいと思っていたのに、圧巻だった」
「一山さん優勝おめでとうございます オリンピックも期待してます」

 一山も気持ちはすでにオリンピックに向いており、「世界と戦うにはまだまだ記録も劣っているので、オリンピックに向けてはもう一段階質の高い練習をして日本代表としてカッコいい走りができたらいいなと思います」と語っている。

 驚異的なパフォーマンスで代表権を勝ち取ったヒロインは、8月の東京五輪でも日本中を沸かせてくれそうだ。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング