専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
ゴルフ

首位に立つ古江彩佳、好調パターで波に乗った秘密はグリップエンドの"重り"にあった!【デサントレディース東海】

山西英希

2020.09.19

11アンダーで首位に立つ古江。アマチュア時代の優勝に続き、プロでも勝利を収められるか?(C)Getty Images

11アンダーで首位に立つ古江。アマチュア時代の優勝に続き、プロでも勝利を収められるか?(C)Getty Images

 国内女子ツアーの『デサントレディース東海クラシック』2日目、プラチナ世代でただ一人ツアー優勝を飾っている古江彩佳が67をマーク。東浩子と並んではいるものの、通算11アンダーで今季初のトーナメントリーダーに躍り出た。

【PHOTO】安田祐香、吉田優利、古江彩佳…大注目の“プラチナ世代”を一挙紹介!

 古江の勇気と自信がつかみ取った首位の座だった。15、16番で連続バーディを奪い、首位の東に1打差に迫った古江。17番パー4は331ヤードと距離が短く、ティショットをドライバーで打つと左サイドの池につかまる危険がある。そのため、多くの選手は3番ウッドで確実にフェアウェイにボールを落とす作戦をとっていた。そんな状況で古江は果敢にドライバーを手にした。打ち放たれたボールは、右サイドから軽く左へ曲りつつフェアウェイ真ん中をとらえる。古江のヤーデージブックには、打ってはいけないゾーンがしっかりと明記されているが、それでもドライバーを握ったということは、よほどショットに自信があったともいえる。結局、そのチャレンジが功を奏し、ピンまで残り62ヤードを58度のウェッジで打つと、ピン左約80センチにつけ、ついに東をとらえた。
 
 今季は『ゴルフ5レディス』で2位タイに入ったが、トップテン入りはその1試合しかない。その理由を古江はパットに原因があると考えていた。そんなとき、手元を少し重くしてみたらという助言を受けたこともあり、キャロウエイのパター担当に相談すると、“ツアーロック”という重りを紹介された。

 グリップエンドに装着するタイプで、ツアープロでは上田桃子が80グラム、原英莉花が50グラムのタイプを装着している。古江は30グラムのタイプを選んだ。キャロウエイの担当によると、カウンターバランスの効果で、手元が動きやすくなるという。そのため、プレッシャーがかかるような緊張した場面でも手が動かないということがなくなり、スムーズにストロークできるのが特徴だ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング