専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

新日本、オスプレイ新ユニットTHE EMPIREが始動!O-カーン「オカダ…楽しみだなぁ!」

どら増田

2020.10.18

オスプレイとO-カーンの新ユニットがオカダ&SHOと戦った。写真:THE DIGEST

オスプレイとO-カーンの新ユニットがオカダ&SHOと戦った。写真:THE DIGEST

 新日本プロレスは18日、最強戦士決定戦『G1クライマックス30』優勝決定戦を東京・両国国技館で開催した。

 16日の両国大会で行なわれたAブロック公式戦、CHAOSの盟友で、兄貴分だったオカダ・カズチカとオスプレイが対戦。スターダムで活躍する女子プロレスラーで、オスプレイのガールフレンドであるビー・プレストリーがレフェリーを引きつけている間に、突如現れたイギリス遠征中だったグレート-O-カーンが、オカダにアイアンクロースラムを決め、すかさずオスプレイがストームブレーカーを決めてカウント3。試合後に、オスプレイはオカダにヒドゥン・ブレイドを放ったことで、CHAOSからの脱退と新ユニットTHE EMPIREの結成を宣言した。その因縁を経て、オカダとオスプレイ&O-カーンによるタッグマッチが早くも組まれた。

 オスプレイ組はこの日、スターダム東京・後楽園ホール大会に出場したビーとともに3人で入場。O-カーンは“ドミネーション”とコールされた。後から入場したオカダは怒りの表情で珍しく奇襲を仕掛けていく。O-カーンはその名の通り、モンゴリアンチョップを放つなど、奇声を発していく。蹴り技も多彩で、アマレスのバックボーンをもとにデビューしたヤングライオン時代の岡倫之とは全く違う選手に変貌していた。ここにオスプレイのスピードが加わるのだから堪らない。
 
 オカダ組もSHOがジュニアヘビー級離れの力技を連発し、オスプレイを苦しめるが、ビーが場外からロープ越しにドラゴンスクリュー。O-カーンがオカダをアイアンクロースラムで叩きつけ排除している間に、オスプレイは足4の字固めでSHOの足を絞り上げて、ギブアップ勝ち。THE EMPIREが初陣を勝利で飾った。試合後、オスプレイはビーを「危険な女だ」と言うと、奇襲を仕掛けたオカダに「俺と1vs1でやりたくてたまらないのか?」と挑発しつつ「まずはグレート-O-カーンが相手になってやる」とO-カーンに振った。

 O-カーンは「ひれ伏せ!愚民ども!余の力が理解できたか?オカダ…楽しみだなぁ!」と吠えて、3人は「乾杯する」と言いながら控室へ。THE EMPIREが何処まで勢力を伸ばしていくのかは、オカダとO-カーンの試合の結果が影響を与えそうだ。

◆新日本プロレス◆
『G1クライマックス30』
2020年10月18日
東京・両国国技館 観衆 2928人
◆タッグマッチ(30分1本勝負)
オカダ・カズチカ&●SHO(12分36秒 足4の字固め)ウィル・オスプレイ○&グレート-O-カーン

文⚫︎どら増田

【G1 CLIMAX30 PHOTO】パワーファイトの応酬となった最終戦に勝利した飯伏幸太が7勝を挙げ決勝に進出

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング