専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

新日本スーパーJr.高橋ヒロムが優勝!マスクを脱いだデスペラードは「俺の同期最強だろ?」

どら増田

2020.12.12

ヒロム(左)がマスクを引きちぎると、自ら外して応戦したデスペラード(右)写真:滝川敏之

ヒロム(左)がマスクを引きちぎると、自ら外して応戦したデスペラード(右)写真:滝川敏之

 新日本プロレスは11日、『ワールドタッグリーグ2020』&『ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.27』最終戦、東京・日本武道館大会を開催した。

『ベスト・オブ・ザ・スーパーJr.27』決勝は、2度目の優勝を目指す高橋ヒロムと、初優勝を狙うエル・デスペラードが対戦。両者の対戦成績はデスペラードの2勝1敗。公式戦ではデスペラードが勝利を収めているため、ヒロムが先に入場。武道館大会の最後に白いコスチュームで現れたデスペラードはIWGPタッグ王座のベルトをパートナーで欠場中の金丸義信の分まで2本肩にかけて入場し、リングに上がるとヒロムと睨み合った。期待感に包まれる場内。

 ゴングとともに大きな拍手が起こる。序盤から激しいチョップ合戦を繰り広げるなど、感情ムキ出しでやり合う2人だったが、デスペラードはヒロムの左ヒザに照準を絞り、場内外で徹底して攻めまくる。インディアンデスロックに悲鳴をあげるヒロム。エスケープするもデスペラードは撚りを加えて技を解く。ヒロムが攻め返すもデスペラードの方が先に立つほど、ヒロムのダメージは蓄積していたが、意地で場外に出すとエプロンからドロップキックを放ち、リング内では足を引きずりながらカウンターのトラースキックなどで形勢逆転を狙う。

【PHOTO】「BEST OF THE SUPER Jr. 27」優勝決定戦 高橋ヒロムが素顔のデスペラードを撃破!
 デスバレーボム2連発からTIME BOMBの体勢に入ったヒロムだが、デスペラードはマフラーホールドで捕獲してからヌメロ・ドスへ。これを切り抜けたヒロムは場外への立体殺法を狙うが、これを読んだデスペラードは「これが俺だよ」と叫ぶとIWGPタッグのベルトを手に持つ。レッドシューズ海野レフェリーが注意すると、ベルトをリングに放り投げ、レフェリーの目を盗んでイスを左ヒザにフルスイング。リングに戻るとギターラ・デ・アンヘルからヌメロ・ドス。しかしヒロムはまさかのカナディアンデストロイヤーで切り返す。

 トドメを刺そうとしたヒロムをレフェリーにぶつけると、「甘いんだよヒロム」と言うが、ヒロムは右ストレートでKO。デスペラードのマスクを引きちぎる。するとデスペラードはマスクを自ら脱ぎ、キレたデスペラードとヒロムは激しい打撃戦に。ヒロムは金具ムキ出しのコーナーへデスバレーを放つと、TIME BOMBを決めるがカウントは2。ならばとビクトリーロイヤルからのTIME BOMB2でカウント3。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング