専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「つぶれてほしくないですね」五味隆典が皇治を労う。体重差やYouTuberたちにも“苦言”【RIZIN.26】

THE DIGEST編集部

2021.01.01

皇治との大打撃戦を制した元PRIDEライト級チャンピオンの五味。(C)RIZIN FF

皇治との大打撃戦を制した元PRIDEライト級チャンピオンの五味。(C)RIZIN FF

 12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技『Yogibo presents RIZIN.26』。第12試合のスペシャルワンマッチで元PRIDEライト級チャンピオンのレジェンド五味隆典が、元K-1の皇治と特別ルールのスタンディングバウトで対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。

 リング中央で距離を取りながら動く皇治に対し、試合開始からプレッシャーをかけ続ける五味。両者打ち合ったところで1Rが終わり、2Rはゴングと同時に五味が重いパンチでラッシュする。その中でも皇治が打たれ強さを発揮し、試合は最終ラウンドへ。右ストレートが皇治を捕らえるが、下がらず返していき、最後は皇治がラッシュを仕掛けたところで試合終了。判定の結果、五味が2-0で大打撃戦を制した。
 
 試合後の会見で、五味は「体重差もあるし、なんとも言えないね」と率直な心境を述べ、対戦相手の皇治について「根性ありましたね」と称賛。「体格も違うし、正直階級が違うと軽量級の子の方がスピードはあるんでね。やりづらさもあるし、向こうは向こうでパンチが効くと思うし、まあしょうがないね。やると言ったからには」と語った。

 また、体格差の大きい今回の対戦については「ただやっぱ身体は大事にしてほしいですね、体重差もあるし」とコメント。「あの気合の中、俺のパンチが効いたら本当に危ないから。つぶれてほしくないですね」と心配し、「適正体重とか作ってやっていく方向にしないと本当につぶれちゃうと思うね。頭ぶっ壊れたら治らないからね。まあよく頑張ったと思いますよ、俺もよく1週間(の準備)で頑張ったと思う」と試合を振り返った。

 さらに「もうYouTubeとかね目立ちたいというのと、強くなりたいっていうのがそういうのがめちゃくちゃですよね。便乗したりね。そういった意味では皇治くんなんかは殴られながらもよく頑張ったと思います」と労った。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング