専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

「感動をありがとう」創価大2位の快挙にネット反響!ラスト2キロで逆転されるも、6区間以上トップで快走【箱根駅伝】

THE DIGEST編集部

2021.01.03

10区ラスト2キロ付近で、創価大の小野寺が駒澤大の石川につかまる。写真:JMPA

10区ラスト2キロ付近で、創価大の小野寺が駒澤大の石川につかまる。写真:JMPA

 1月2、3日に「第97回箱根駅伝」が行なわれ、駒澤大が大逆転で13年ぶり7回目の総合優勝を果たした。2位・創価大、3位・東洋大、4位・青山学院大、5位・東海大と続いた。

 今大会、10区間中6区間以上(4区前半から10区終盤まで)でトップを走ったのは、創価大だ。4区、嶋津雄大が1位・東海大と34秒差の2位で襷を受けると前を猛追。5.6キロ付近で東海大をとらえ、一気にトップに躍り出る。続く5区の三上雄太が区間2位の快走でトップを守り、往路初優勝を飾った。

 復路は2位の東洋大より2分14秒先にスタートとなった。区間順位は6区7位、7区2位、8区8位、9区1位と各区間で好走。一度も先頭を譲らず、2位・駒澤大と3分19秒リードで10区の小野寺勇樹へと襷を繋げた。逃げ切れば初の総合優勝という局面で襷を託された小野寺のペースは上がらず、ラスト2キロ付近で駒澤大の石川拓慎が小野寺に追いついた。石川は並ぶことなく一気に抜き去り、ここで創価大は2位へ後退。小野寺は、苦しい表情を浮かべながらも足を止めることはなく、そのまま2位でゴールした。

 逆転されるも、出場4回目にして総合2位に入った創価大。この大躍進に、SNS上では「大きな勇気・希望・感動をありがとう」「素晴らしい奮闘劇をありがとう」「小野寺くんよく走りきってくれた!!」「あっぱれです!」「みんな、最高にかっこ良かった」「優勝なくとも負けなかった」「最後まで走り抜いた姿、忘れません」などといった称賛の声が続々と届いている。
 
 総合順位は以下のとおり。

1位 駒澤大   10時56分4秒
2位 創価大   10時56分56秒
3位 東洋大   11時0分56秒
4位 青山学院大 11時1分16秒
5位 東海大   11時2分44秒
6位 早稲田大  11時3分59秒
7位 順天堂大  11時4分3秒
8位 帝京大   11時4分8秒
9位 國學院大  11時4分22秒
10位 東京国際大 11時5分49秒
(※上位10校は第98回大会のシード権を獲得)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11位 明治大   11時6分15秒
12位 中央大   11時7分56秒
13位 神奈川大  11時8分55秒
14位 日本体育大 11時10分24秒
15位 拓殖大   11時10分47秒
16位 城西大   11時11分20秒
17位 法政大   11時13分30秒
18位 国士舘大  11時間14分7秒
19位 山梨学院大 11時間17分36秒
OP 関東学生連合 11時間18分10秒
20位 専修大   11時間28分26秒

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング