専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

「やってやろう!」駒澤大の石川が3分差をひっくり返す劇的逆転V!2位創価大、3位東洋大【箱根駅伝】

THE DIGEST編集部

2021.01.03

10区区間新の快走で優勝に導いた駒澤大の石川。写真:アフロ

10区区間新の快走で優勝に導いた駒澤大の石川。写真:アフロ

「第97回箱根駅伝」は3日に復路が行なわれ、駒澤大が大逆転で13年ぶり7回目の総合優勝を果たした。2位創価大、3位東洋大、4位青山学院大、5位東海大と続いた。

 ドラマは最終10区に待っていた。往路の4区から9区まで1度も先頭を譲ることはなく先頭を走っていた創価大が駒澤大に逆転を許したのだ。前を行く創価大と3分19秒差で襷を受けた駒澤大の石川拓慎は序盤から攻めた走りで、創価大の小野寺勇樹を猛追。ラスト2キロで石川が小野寺に追いつくと、一気に抜き去りそのままフィニッシュ。

 レース後、石川は「去年悔しい思いしたんで、この同じ区間でもう1回やってやろうと思いで襷を貰って、ゴールテープに向かって走りました」とコメント。下級生が活躍する中、石川ら3年生が“谷間の世代”と言われていたことで「やってやろう!」という強い気持ちが生まれ、結果へと繋がったようだ。
 
 大八木監督は、9区終了時点で「(優勝は)無理かなと思いはありました」と明かし、続けて「諦めなければ何が起きるか分からない」と語った。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング