専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

ノア武藤敬司が武道館前最後の前哨戦で潮崎豪を4の字葬!「潮崎の心の動揺、期待してます」

どら増田

2021.02.01

足4の字を潮崎に極め、ギブアップ勝ちを収めた武藤。

足4の字を潮崎に極め、ギブアップ勝ちを収めた武藤。

 プロレスリング・ノアが1月31日、『HIGHER GROUND 2021』東京・後楽園ホール大会を開催した。

 メインイベントでは、潮崎豪&清宮海斗&原田大輔が、武藤敬司&丸藤正道&吉岡世起と6人タッグマッチで対戦。2.12、日本武道館大会で開催される『DESTINATION 2021~BACK TO BUDOKAN~ 』では、GHCヘビー級チャンピオン潮崎が武藤と、GHCジュニアヘビー級チャンピオン原田は吉岡と、清宮は稲村愛輝との超新星タッグで、丸藤&秋山準とそれぞれ対戦が決定しているため、トリプル前哨戦となった。

 1.4後楽園大会では6人タッグながら潮崎に3カウントを許している武藤だが、特に焦りはない様子。潮崎と武藤の先発で始まったこの試合。武藤はグラウンドで潮崎を圧倒しつつ、潮崎のラリアットをドロップキックで切り返すなど、冷静に対応していく。清宮と丸藤の絡みでは丸藤の左腕集中攻撃に清宮が悶絶。原田と吉岡は一進一退の攻防を繰り広げる。

 試合は終盤、コーナーに上がった潮崎を武藤が雪崩式ドラゴンスクリューから素早く足4の字固めへ。これを逃れた潮崎だが、低空のドロップキックを食らうと、丸藤と吉岡も潮崎の右膝を狙い攻撃を加えていく。武藤はさらに低空のドロップキック、丸藤が右膝へ虎王、そして武藤のシャイニングウィザードが決まり、再び足4の字固めへ。プロレスLOVEポーズを決めながら極める武藤に潮崎は無念のギブアップ。前哨戦は1勝1敗で武道館決戦に臨むことになった。
 
 試合後、武藤は「今日はチームで2人の協力があって最後勝たせてもらっただけ。あとは潮崎の心の動揺、期待してます」といつもより言葉は控え目だったが、GHC獲りに弾みがついたのは言うまでもない。

 潮崎は「負けは負け。このタイトルマッチ、武道館で見せつけてやるよ」と悔しさを滲ませながら、前を向いていた。なお、武道館大会は試合開始時間が変更となり、第1部が15:30開場、16:30開始の4試合に、第2部が17:45開始の5試合となり、第1部はABEMAのPPVで、第2部は同格闘chでそれぞれ生中継される。20時までの終了を予定しているとのこと。

◆プロレスリング・ノア◆
『HIGHER GROUND 2021』
2021年1月31日
東京・後楽園ホール
観衆 605人
▼6人タッグマッチ(60分1本勝負)
●潮崎豪&清宮海斗&原田大輔(27分15秒 足4の字固め)武藤敬司○&丸藤正道&吉岡世起

文●どら増田
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング