専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「アルファタウリに残れない可能性も」角田裕毅の“悪い年”でのF1デビューを海外メディアが不安視

THE DIGEST編集部

2021.02.14

ポルトガルの専門メディア『AutoSport』は、合同テストの期間が削減されたことを逆風と捉えているようだ。(C)Getty Images

ポルトガルの専門メディア『AutoSport』は、合同テストの期間が削減されたことを逆風と捉えているようだ。(C)Getty Images

 今季、アルファタウリからF1にデビューする角田裕毅。1月にイモラで、今月はミサノで、それぞれ旧型マシンを使っての走行テストを行なうなど、最高峰レースに向けて可能な限りの準備をここまで進めている。

 コロナ禍の中で日本からホンダのスタッフを呼び寄せることには大きな手間や時間を要したとチーム責任者のフランツ・トストは語っているが、それを強行するだけの価値が角田にはあるということであり、レッドブルの総帥ヘルムート・マルコも、この20歳の日本人を称賛し、その将来性に期待を寄せている。

 2019年の欧州挑戦からF3、F2をわずか1年ずつでクリアしてF1に到達した能力は、世界的にも高く評価され、シニアチームであるレッドブルへの昇格はもちろん、ゆくゆくはチャンピオン争いにも絡める逸材だとする声もあるほどだ。

 しかし、そんな中でポルトガルの専門メディア『AutoSport』は、このルーキーの1年目について悲観的な見方を示した。

 同メディアは所属チームとの契約が今季限りのドライバーに注目。該当する10人の中には、ランス・ストロール(アストンマーティン)のように大富豪の父親がチームオーナーということで契約延長は間違いなしと見られる者もいるが、大多数はその将来は不明であると綴っている。
 
 そして角田については、「契約期間はわずか1年であり、非常に“悪い年”となるため、彼はファエンツァを拠点とするチーム(アルファタウリ)に残ることができない可能性もある」という。

「悪い年」というのは、今季より合同テストの期間が削減されたことを指しているようだ。これにより、シーズン前のドライバーの走行機会は半減し、ルーキードライバーにとってより不利な状況になると見られている。

 それを見越した上で、前述の通り、アルファタウリは複数の走行テストを開催したわけだが、これが状況を改善することに繋がるだろうか。そして、もし角田が期待するほどの結果を出せなかった場合、チームはいかなる決断を下すのか。角田を評価し、長期的な視点での育成を施してきたレッドブルだが、一方でこのグループは“見限る”のが早いのも特徴だといわれている……。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング