専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

新日本 オカダ・カズチカがEVIL制裁で「スッキリしました!」「NJCで優勝してIWGPの闘いに戻る」と宣言

どら増田

2021.02.28

因縁を深めてきたオカダとEVILとの戦いは、互いに引かない戦いとなった。(C)新日本プロレス

因縁を深めてきたオカダとEVILとの戦いは、互いに引かない戦いとなった。(C)新日本プロレス

 新日本プロレスは2月27日、ビッグマッチ『CASTLE ATTACK』を大阪城ホールで開催した。

 メインイベントでは遺恨が深まっていたオカダ・カズチカとEVILがついにシングルで激突し、因縁に決着をつける。

 試合は序盤からオカダがじっくりと絞め技で試合を組み立てていくが、戦場が場外に移るとEVILがイスをオカダの首に括りつけて、もう一脚のイスでフルスイングする。さらにマネージャーのディック東郷は当たり前のように加担した。

 オカダはドロップキックなど持ち前のスピードでEVILのパワーを抑えにかかると、場外の花道で、EVILと東郷をまとめてDDTでダメージを与える。しかしEVILのパワーはまだ残っており、東郷も巧みな介入でアシストしてきた。リング上、リバースネックブリーカードロップでペースを握りたいオカダだったが、金具剥き出しのコーナーを背にEVILのラリアットが襲う。腰にダメージを受けたオカダにEVILは雪崩式ブレーンバスターから、スコーピオン・デスロックで腰を痛めつけていく。
 
 さらにダークネスフォールズを放つもカウントは2となる。場内からオカダを後押しする手拍子が響くと、これで火がついたのか、オカダは東郷の介入も跳ね除けて、マネークリップで捕獲する。しかしEVILは立ち上がるとオカダをレッドシューズ海野レフェリーにぶつけ、東郷がスポイラーズチョーカーで締めあげる。そこからオカダは東郷を金具剥き出しのコーナーにぶつけ、ツームストンパイルドライバーで排除。ローブローの打ち合いから、オカダはEVILにツームストンを決めるとバックブリーカーからマネークリップと攻め立てた。

 終盤戦、EVILはラリアットで再びオカダを追い込み、レインメーカーとEVILをお互い探り合うが、オカダが開脚式パイルドライバーから、レインメーカーを決めてカウント3を奪い、EVILの制裁に成功した。

 試合後、オカダは「個人的なことを言わせてもらうとスッキリしました。こんな状況の中、バレットクラブのクソみたいな試合を見させてしまって申し訳ございません。でもまだスッキリしない。そろそろIWGPの闘いに行っていいよね?大人の世界には順序があるから、『ニュージャパンカップ』(NJC)優勝して、IWGPの闘いに戻ります」とバレットクラブの暴走ファイトを制裁した後はNJCを優勝し、IWGP戦線に戻ることを力強く宣言した。

【動画】オカダ・カズチカvsEVIL 大阪城・因縁の対決!
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング