専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「あのスピード感で…」神童・那須川天心の“凄み”はどこに?対峙した志朗が「なかなか手に負えない」と語ったのは――

THE DIGEST編集部

2021.03.01

終始、主導権を握っていた那須川(右)。そのパフォーマンスを対峙した志朗(左)が振り返った。写真:滝川敏之

終始、主導権を握っていた那須川(右)。そのパフォーマンスを対峙した志朗(左)が振り返った。写真:滝川敏之

 3ラウンドでは短く感じてしまうほどの秀逸な戦いだった。

 2月28日、神奈川の横浜アリーナで、キックボクシング団体RISEの年間最大ビッグマッチ『RISE ELDORADO 2021』が開催され、メインマッチに那須川天心が登場。昨年の挑戦者決定トーナメントで優勝した志朗と対戦し、判定の末に3-0で勝利した。

 試合直後のコメントで「本当に究極の心理戦」と振り返った那須川の言葉にあるように、2019年9月以来となる再戦となる両者は、ピリッとした緊張感を張り巡らせながら試合開始のゴングを聞いた。

 だが、相手との心理戦にも動じないのが、那須川が「格闘技界の神童」たる所以である。5歳年上の相手のプレッシャーにも動じずに落ち着いた試合運びを披露した22歳は、切れ味鋭いパンチとミドルキックのコンビネーションで確実にダメージを与えていき、クレバーな試合運びを見せたのだ。

 キックボクシングで39連勝を飾ったリング上で「また強くなれた」と満足げな表情を浮かべた那須川に対し、リベンジマッチに敗れた志朗は、試合後の会見で「彼の方が上だった」と淡々と語った。

「もう負けを認めるしかないですね。単純に自分の実力不足です」

【厳選PHOTO】志朗を退けて44連勝を飾った那須川天心の決定的瞬間を一挙公開!
 では、対峙したヤングスターは一体何が凄いのか。志朗は「考えていることは凄く似ているなと試合をしていて思いました」と分析した。

「向き合った時にコンマ何秒かで二人でやり取りをしていたんです。ガードの位置とか目線とか全部がお互いに似ていて、その中で彼(那須川)は色々と変えてくる。説明は本当に難しいんですけど、凄く頭を使いましたね。少し近づいた気はしたんですけどね。あとは本当にあのスピード感で、どうやって積極的に(攻撃を)繰り出していけるかがこれからの自分の課題。本当に良い勉強になりました」

「3R目は、距離感と支配力が凄かったです。彼がジャブを打ってきて、こちらがボディーを返そうと思ったら、バックステップを踏まれてしまった。もう射程圏内にはないんです。あれはちょっとなかなか手に負えないと。あの動きを捕まえられる人っているのかな」

 15歳でムエタイの本場タイに渡って経験を重ねてきた猛者をもってしても、こう言わせてしまう那須川。その実力はやはり半端ではない。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング