専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「最悪のジャッジだ」紀平梨花がSP2位に世界中のファンが不満を示す!逆転優勝を狙うフリーは、最後から2番目に登場

THE DIGEST編集部

2021.03.25

SPで2位とした紀平梨花。FSでの巻き返しに期待だ。(C)Getty Images

SPで2位とした紀平梨花。FSでの巻き返しに期待だ。(C)Getty Images

 フィギュアスケートの世界選手権がスウェーデンのストックホルムで開幕。現地3月24日、女子シングルのショートプログラム(SP)が行なわれ、日本からは紀平梨花、坂本花織、宮原知子の3名が参戦した。

【PHOTO】世界選手権SP2位発進!笑顔がキュートな紀平梨花の厳選フォト!

 この日、最終滑走で登場した日本のエース紀平は、トリプルアクセルを含む3つのジャンプ全て着氷。抜群の身体能力で片手側転を華麗に決め、スピンやステップではいずれも最高評価のレベル4を獲得する演技を披露し、79・08点をマークし2位につけた。

 SPでトップに立ったのは、ロシア選手権3連覇中の16歳アンナ・シェルバコワ(ロシア・フィギュアスケート連盟)だ。ダブルアクセル、3回転フリップを着実に決め、プログラム後半の3回転ルッツ+ループも難なく着氷し、自己ベストの81・00点を叩き出した。

 試合後、国際スケート連盟は公式Twitter(@ISU_Figure)で「リカ・キヒラはトリプルアクセルを含む他パートでも見るものを惹きつけ、世界選手権のSPで2位につけた」と文面に綴り、トリプルアクセルを跳ぶ様子を動画で公開した。
 
 世界中のファンは「リカがトップでしょ」「1位に値するよ」「優れた能力があるね」「驚異的な演技だった」「最高だったよ」「間違いなく勝者だった」「なぜ2位なの?」「得点に納得できない」「これまでで最悪のジャッジだ」などと反響が書き込まれている。

 フリースケーティング(FS)は、日本時間27日午前2時から開始。注目の紀平は最後から2番目の午前5時38分に滑走を予定している。国際大会初となる4回転ジャンプを決め、1・92点差を逆転する演技にファンの期待が高まる。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】ISUが公開したトリプルアクセルを決める紀平の姿!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング