専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「ガスリーは価値ある同僚を見つけた」F1デビュー戦で非凡さを示した角田裕毅による“チーム内相乗効果”を仏メディアが期待!

THE DIGEST編集部

2021.04.01

デビュー戦で結果を残した角田の存在は、ガスリー(左)にも大きな刺激を与えたことだろう。(C)Getty Images

デビュー戦で結果を残した角田の存在は、ガスリー(左)にも大きな刺激を与えたことだろう。(C)Getty Images

 2021年F1世界選手権の開幕戦となったバーレーン・グランプリで、ルーキーの角田裕毅は9位入賞を果たし、日本人ドライバーとしては初となるデビューレースでのポイント獲得を果たした。

 戦前の目標のひとつを見事に果たした角田。自身はスタートで順位を落としたことを反省し、「満足度は50%」としたものの、レッドブルの顧問を務めるヘルムート・マルコは「角田は聡明であり、20歳にして成熟している。新しいF1のスターになるだろう」と語り、初の日本人チャンピオン誕生のお墨付きさえ与え、現在はF1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは「近年のF1では最高のルーキー」と称賛するなど、F1関係者からの評価と期待度は非常に高い。

 一方、各国のメディアも20歳の日本人への賛辞を惜しまず、改めてバーレーンでのレースを振り返るとともに、その能力の高さに焦点を当てている。

 フランスの専門メディア『LE MAG SPORT AUTO』もそのひとつで、13番手からのスタートということで「彼のパフォーマンスはほとんど気づかれなかった」としながらも、「ポイントを手にしたことで、彼は早くもパドックでチームから感謝される存在となった」と綴り、以下のように角田のデビューレースを伝えた。

「角田のファーストグランプリは、9位という結果に終わった。早くもレッドブルの次のドライバー候補に挙げられている彼は、予選でわずかにミスを犯したものの、トップ10以内に入ることで、それを挽回してみせた」
 
 彼について「信頼性が高く、鋭敏なオーバーテイクが特長」と指摘する同メディアは、「佐藤琢磨と小林可夢偉という過去の偉大な日本人ドライバーの系譜を受け継いだ。前者はインディを2度も制し、後者はル・マン24時間レースで活躍する偉大なドライバーだが、2人ともF1でのデビュー戦でポイントを獲得することはできなかった」と、母国の先達を引き合いに出し、20歳の新鋭の非凡さを説いた。

 そして記事の最後では、自国の有望ドライバーであるチームメイトのピエール・ガスリーの見地から、角田に言及。「シーズンを通して自身をプッシュしてくるであろう、価値あるチームメイトを見つけた。フランス人ドライバーにとっても、これはグッドニュースに違いない」と締めた。

 ガスリーは予選で5位という素晴らしい結果を残しながら、決勝では序盤に他車との接触でフロントウイングを破損。以降は下位での走行を余儀なくされてリタイヤとなったが、終盤で上位勢に迫るほどのラップタイムを記録するなど、自身と車の両方のポテンシャルの高さを示してみせた。今後、彼と角田による熾烈な争いが、互いのパフォーマンスを高めるとともに、アルファタウリの戦闘力を高めることに繋がるのは間違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】デビュー戦で9位入賞!角田のオーバーテイクシーンをチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング