専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「プロレス界のNo1.タッグに!」朱里とタッグ王座奪取したジュリアが北斗晶の必殺技を炸裂「過去の歴史の力を…」

どら増田

2021.04.05

ついにスターダムのタッグ王者となったジュリア(左)と朱里(右)。その表情は自信に満ちあふれていた。

ついにスターダムのタッグ王者となったジュリア(左)と朱里(右)。その表情は自信に満ちあふれていた。

 4月4日、女子プロレス団体「スターダム」は、横浜武道館で『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』を開催した。

 注目を集めたビッグマッチのメインイベントでは、「ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合」として、チャンピオンチームである舞華とひめかに、ジュリアと朱里が挑戦するドンナ・デル・モンド(DDM)同門対決が実現した。

 舞華と朱里が先発を務めたこの試合、同門対決とあって互いを知り尽くしている両チームは、序盤からリング内外でレベルの高い攻防を繰り広げる。ジュリアと朱里は、花道で舞華をダブルのバッグドロップで投げるなど、シングルプレーヤーのトップ戦士たる所以をタッグでも同様であると言わんばかりの戦いを見せつける。

 DDMは同門対決でも容赦しない――。そんなジュリア&朱里に、ひめかは持ち前のパワーで応戦。二人をまとめてアルゼンチンバックブリーカーで担いでみせるなど、“相棒”のピンチをカバーする展開が続いた。一方の舞華はジュリアに打ち合いを挑むも完敗。さらに朱里のサブミッション地獄にもハマってしまう。

 それでも、ひめかのサポートが光り、タッグチームとしては地力に勝る舞華とひめかも盛り返すと、朱里に合体殺法を連発してみせた。

 しかし、ここで舞華が狙われた。朱里のカウンターハイキックで倒されると、蹴りの応酬を受けてしまう。何とか窮地を脱したい舞華はヘッドバットで対抗するも、逆にランニングニーを見舞われてしまう。

 ここでカットに入ったひめかがハイキックで排除されると、最後はジュリアのノーザンライトボムから朱里のバズソーキックが決まってカウント3。ついに新王者が誕生した。
 
 試合後に朱里は、「ヤベェよ。スゲェなぁ。ウチら新チャンピオンになりました!舞華、ひめか、強ぇわ。スゲェわ。何回でもやりたい。次はウチらがチャンピオンとして(お前らが)かかって来いよ」と笑顔で語ると、ジュリアも「私も朱里も、まだまだ進化していく。これからもDDM、刺激を受け合ってさらにトップを目指してやっていこうよ」と敗れた“元王者”に呼びかけた。

 最後にジュリアが、「ひとつ夢を言わせてください。女子プロレス……いやプロレス界のナンバーワンタッグになることをここに宣言します」と大胆発言。DDMはさらに結束を高めた印象だ。

 さらにインタビューブースでジュリアは、北斗晶氏の代名詞だったノーザンライトボムを使ったことについて、「日本武道館で私をデンジャラスクイーンと呼んだあの人(北斗氏)の技は、あの技で女子プロレスの時代を作ったと思ってる」と理由を明らかにした。

「歴史を無視することは出来ないと私は言ったことがあるんですけど、これから時代を作るには過去の歴史の力をお借りしたいと思っています」

 ジュリア&朱里という隙のないタッグチャンピオンチームがどんな時代を作り、歴史に名を刻むのか注目していきたい。

◆スターダム◆
『U-REALM Presents YOKOHAMA DREAM CINDERELLA 2021 in Spring』
2021年4月4日
神奈川・横浜武道館
観衆 1027人
▼ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合(30分1本勝負)
<王者組>●舞華&ひめか(28分57秒 片エビ固め)ジュリア&朱里○<挑戦者組>
※バズソーキック
※ジュリア&朱里が新王者組になる。

取材・文●どら増田
NEXT
PAGE
【動画】貫録十分! 『新ゴッデスチャンピオン』ジュリア&朱里のカッコよすぎる入場シーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング