専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「王はやはり強かった」“メキシコの英雄”カネロの3団体統一達成に英メディアも脱帽!「「サンダースは良く反応していたが…」

THE DIGEST編集部

2021.05.09

サンダース(左)に猛ラッシュを見舞って3団体統一を果たしたカネロ(右)。その戴冠劇に賛辞が相次いでいる。(C)Getty Images

サンダース(左)に猛ラッシュを見舞って3団体統一を果たしたカネロ(右)。その戴冠劇に賛辞が相次いでいる。(C)Getty Images

 メキシコの英雄が大きな勝利を挙げた。

 現地時間5月8日、プロボクシングのWBA・WBC・WBO世界スーパーミドル級王座統一戦がテキサスはアーリントンにある「AT&Tスタジアム」で行なわれ、“カネロ”ことWBA&WBC統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)が、WBO王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)を8回終了TKOで撃破。悲願の3団体統一を果たした。

 序盤は長身サウスポーのサンダースに手を焼いたアルバレスだったが、ジワジワと間合いを詰めて徐々に主導権を握り返す。そして右左の強打をヒットさせると、8回に猛ラッシュ。右目が腫れ上がって続行不可能となったサンダース側が、ラウンド終了後に棄権してTKOでの決着を見た。

 米国で最も歴史と権威があるボクシング専門誌「ザ・リング」が、全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位としたカネロ。その実力はやはり並大抵ではなかった。会場に詰め掛けた7万3126人の大観衆が熱狂したパフォーマンスには、海外メディアからも賛辞が集まっている。

【画像】サンダースの痛々しい右目…カネロの破壊力を示す証拠写真はこちら
 サンダースの母国メディアで、英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』は、「やっぱりキングはキングだ」と見出しを打った記事で、こう脱帽した。

「サンダースは良く反応していたが、カネロの繰り出した大きなカウンターと右からのアッパーカットを受けると、よろめきながら後退。この時に初めて怪我を負ったが、それが致命傷となった。その後もカネロは相手を追いつめ続け、英国の戦士はなんとか逃げ続けたが、次のラウンドに帰ってくることはなかった。メキシコの王はやはり強かった」

 さらに米放送局『ESPN』から「彼は自身の偉大なるレガシーにさらなる輝きをもたらした」と絶賛されたカネロ。今秋にはIBF王者カレブ・プラント(アメリカ)との4団体統一戦も見込まれるが、メキシコの絶対王者は次に何を目指すだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【画像】サンダースの痛々しい右目…カネロの破壊力を示す証拠写真はこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング