専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「何事もない茶番劇」メイウェザーvsお騒がせYouTuberの“凡戦”に非難の声続々!「コミカルなショーだ」

THE DIGEST編集部

2021.06.07

とりわけ終盤はクリンチに逃げる場面が多く、凡戦と言われても仕方ない展開となった両雄。案の定、批判的な声が集まっている。(C)Getty Images

とりわけ終盤はクリンチに逃げる場面が多く、凡戦と言われても仕方ない展開となった両雄。案の定、批判的な声が集まっている。(C)Getty Images

 現地時間6月6日、元ボクシング世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(アメリカ)が、マイアミにあるハードロック・スタジアムで世界的人気を誇るユーチューバーのローガン・ポール(アメリカ)とのエキシビション8回戦(1回3分)に臨んだ。

 判定決着なし、ヘッドギアなし、10オンスグローブ使用の特別ルールで行なわれた一戦は、終始、地力に勝るメイウェザーペースで進む。対するポールは序盤からボクシングではありえない15キロの体重差を利して積極果敢に攻めるも、ことごとくパンチをかわされ、徐々に疲労の色が濃くなっていった。

 しかし、「彼はデカいし、体重も重いし、タフな相手だった」と語ったメイウェザーも、相手を仕留めきれずにダウンシーンもないまま試合は推移。最後はブーイングに包まれたなかで、ドローという幕切れとなった。

 試合後、ポールは「もう俺たちに不可能だなんて言うな。おい、見ていただろう。俺は世界最高のボクサーとこれだけやれたんだ」と誇ったが、お互いにクリンチが目立った凡戦とも言える戦いにファンやメディアからは批判的な声が殺到している。

【動画】お騒がせYouTuberポールがぐらついた、メイウェザーの渾身パンチはこちら
 英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』は、「両雄の対戦は、熱く、火花を散らすような展開ではなかった。ハッキリ言って退屈な戦いだった。しかし、大金を生み出したのは間違いない」と厳しめに言及。さらに米放送局『Fox Sports』は、「ポールとメイウェザーが何事もなく茶番劇を終えた」とし、試合内容を嘆くファンのコメントを紹介した。

「マイアミでお金を回すという意味では素晴らしい取り組みだったが、退屈な試合にファンは納得するわけがなかった。ある者は『WWEを見ているようだ』といい、あるものは『コミカルなショーだ。全くメイウェザーは効いていないのに実況はポールにもチャンスがあるというストーリーを売り続けている』と皮肉った」

 お騒がせYouTuberとの試合に「ファンの皆が喜んでくれたらならそれが一番だね」とにやけたメイウェザー。一体、彼の懐にはいくらの大金が入ったのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】お騒がせYouTuberポールがぐらついた、メイウェザーの渾身パンチはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング