専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「すべてがホンモノ!」井上尚弥は“新たなパッキャオ”か。英メディアでの識者の回答は「幻影を追う必要などない」

THE DIGEST編集部

2021.06.20

アジアが生んだ最強ファイターのパッキャオ(右)。このフィリピンの英雄に井上はどこまで迫れるか。(C)Getty Images

アジアが生んだ最強ファイターのパッキャオ(右)。このフィリピンの英雄に井上はどこまで迫れるか。(C)Getty Images

 5度目の防衛に向け、日本が誇るモンスターに死角はない。

 現地時間6月19日、ボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋ジム)は、ラスベガスのバージン・ホテルズ・ラスベガスで、マイケル・ダスマリナス(フィリピン)と対戦する。

 昨年10月のジェイソン・モロニー(オーストラリア)から7回TKO勝ちを収め、さらに声価を高めた井上。地力で勝るダスマリナスを向こうに回す今回も、やはり下馬評は圧倒的有利との見方が強い。

 幾多の名手がそうであったように、ボクシング界に絶対は存在しない。だが、心身ともにキャリアの最盛期にある現在の井上からは、勝利を確信させるオーラが漂う。それゆえに、周囲からはレジェンドとの比較論が活発に繰り返される。
 
 英衛星放送『Sky Sports』が組んだ「イノウエは新しいパッキャオか?」という特集に、マネジメント会社『MP Promotions』を取り仕切るショーン・ギボンズ氏が登場。自身の顧客でもある“フィリピンの英雄”と井上を、次のように論じた。

「イノウエはドネア戦でワンランク上がった感がある。メディアなどでの露出を見ても明らかだが、格が上がったんだよ。ただ、マニー・パッキャオのような男は二度と現れない。そしてリッキー・ハットンも唯一無二だ。だからイノウエが彼らの幻影を追う必要はない。なぜなら、彼はすでにスターであり、常にハイクオリティな対戦が求められている」

 名プロモーターが褒めちぎる井上の実力は、リングで拳を交わした戦士たちも認めるところだ。元WBA王者ジェイミー・マクドネル(英国)は、2018年5月に対戦した際の印象を、次のように振り返っている。

「間違いなく世界でベストのひとりで、すべてがホンモノだった。彼が私にビッグショットを見舞った時に、それをいとも簡単にやってのけていたよ。普段の彼はとても獣には見えないんだけど、試合の日は目つきが変わる。そして、驚くほどに素晴らしいパンチを繰り出すんだ」

 繰り返すが、油断は大敵である。しかしながら、「あえてKO勝ちは狙わないで、流れの中で倒す」と冷静に語る井上がダスマリナスを粉砕し、バンダム級の統一に前進する姿を想像するファンは、少なくないはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】渾身のストレート炸裂! 世界が驚いた井上尚弥の「ヘッドショット」シーンはこちら
NEXT
PAGE
【動画】渾身のストレート炸裂! 世界が驚いた井上尚弥の「ヘッドショット」シーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング