専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

ハミルトンとフェルスタッペンの“接触騒動”は収束せず。元王者ハッキネンは「レースアクシデント」を主張!

THE DIGEST編集部

2021.07.22

イギリスGPで起きたハミルトン(右)とフェルスタッペン(左)の接触騒動が物議を醸している。(C)Getty Images

イギリスGPで起きたハミルトン(右)とフェルスタッペン(左)の接触騒動が物議を醸している。(C)Getty Images

 F1第10戦のイギリス・グランプリは、メルセデスのルイス・ハミルトンが6戦ぶりに勝利を飾り、母国の観衆を狂喜乱舞させたが、オープニングラップでのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)との接触は大きな物議を醸しており、騒ぎはまだ収束の気配を見せていない。

 ポールポジションのフェルスタッペンに対し、スタート直後から仕掛けた2位のハミルトン。サイド・バイ・サイド、ホイール・トゥ・ホイールのマッチレースを展開するも、ターン9のコプス・コーナーでハミルトンがインに飛び込むと、その前輪がフェルスタッペンの後輪と接触。

 これでレッドブルのマシンはコースアウトし、タイヤバリアに激突。51Gもの衝撃を受けたフェルスタッペンは自力で車を降りたものの病院へ直行、一方のハミルトンは10秒加算ペナルティーを受けるも、これを乗り越えて自身通算99勝を飾った。

 レース後、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表やヘルムート・マルコ顧問はハミルトンに対する不満や怒りを露にして「汚いドライビング」「出場停止処分にするべきだ」と主張。フェルスタッペンは、自身が病院にいる時に勝利を祝ったハミルトンに対して「礼儀を欠く行為であり、スポーツマンシップに反する」とSNSでライバルを批判した。一方、ハミルトンは「誰かが積極的過ぎると、こういうことが起こるものだ」と、自分に非はないことを訴えている。
 
 メディアやファンの意見も真っ二つに分かれ、ハミルトンに対してはメルセデスのSNSなどを通して人種差別的な書き込みがなされるなど、大きな騒ぎを巻き起こしたこの一件。それは今なお収まることなく、ホーナー代表は「ハミルトンはアマチュアのようなミスを犯した」と再び批判。マルコ顧問は、「無責任」なハミルトンの出場停止処分を訴え、弁護士を立てることを明らかにした。

 対してハミルトンは、フェルスタッペンが自身の進路を塞いだとの見解を曲げず、コプスで同じ状況でも接触することはなかったシャルル・ルクレール(フェラーリ)追い抜きの場面に言及し、「ルクレールはコプスでの振る舞い方の見本を示した。それは良いバトルであり、“1周目”でも同様にレースが進むべきだった」と、やや皮肉もまじえてレッドブル勢の批判に反論している。
 
NEXT
PAGE
元ドライバーの意見も二極化している

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング