専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

100分の5秒差…瀬戸大也は“無念”の4位でも「公介と一緒に泳げて幸せでした」。6位の萩野公介も「これ以上の幸せはない」と笑顔【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.30

瀬戸(左)と萩野(右)のライバル二人はメダルならずも、二人でいれた幸せをかみしめた。(C)Getty Images

瀬戸(左)と萩野(右)のライバル二人はメダルならずも、二人でいれた幸せをかみしめた。(C)Getty Images

 東京オリンピック2020は7月30日、男子200メートル個人メドレー決勝が行なわれ、瀬戸大也1分56秒22で4位、この種目でリオ五輪銀メダルの萩野公介は6位で、1分57秒49だった。

 神様のいたずらか、瀬戸はわずかの差でメダルを手にできなかった。ここまで400メートル個人メドレー、200メートルバタフライでまさかの決勝進出を逃していた日本競泳界のエースは、その反省から前半は抑えてスタート。得意の平泳ぎで一気に先頭集団に加わり、最後の自由形でメダルの色が決まるところまできた。

 隣を泳ぐヨーロッパチャンピオンのデプランシュとの銅争い。残り5メートルまでは瀬戸がリードしていたが、最後の伸びが足らず、0秒05差で4位に終わった。

 一方の萩野は前半を飛ばして一時は3位で折り返したが、後半に失速して6位に。ともにメダルを獲得できなかったものの、その表情は晴れやかで、レース後は水上で握手を交わした。

 先にインタビューを受けた瀬戸は「今自分ができるコンディションで決勝まで行くことができて、今の中で全力を尽くせたと思います。自分はもっといい結果をイメージした中で思い通りにはいかなかったですけど、非常に素晴らしい大会で、開催されるかも分からない中で、自分たちが活躍できる場所をいただけて、活躍したかったですけど、今やれる精一杯のことはやれたので、すっきりしています」と達成感を口にした。
 
 ここまで苦しいレースが続いていたが、瀬戸は「準決勝からタイムが上げられましたし、その中でメダルを獲れなかったのは悔しいですけど、公介と一緒にまた泳ぐことができて幸せですし、二人で戦えたことが幸せでした」と、ライバルの萩野と決勝に残れたことが何よりだったようだ。入場直前には「公介とグータッチして本当に心強かったですし、メダルは取れなかったですけど、本当に幸せな時間でした」。

 そして最後に「今回はいい結果を残せずに恩返しができなかったですけど、でもまた次にいい泳ぎができるように努力したいですし、次のタイミングで結果を出してよかったと思えるような競技生活にしたいと思います」と前を向いた。

 前日の準決勝、萩野は瀬戸と泳ぐ決勝を「神様からの贈り物」と語り、涙を浮かべていた。しかし大舞台を終えたその目には、やりきった様子が見て取れた。「レース泳ぐ前からいろんなことを思い出して、大也と泳ぐのは2ケタで収まらないくらいなんですけど(笑)、その後に東京オリンピックでやれてうれしかったです」「昨日で涙はかれちゃったかもしれないんですけど、タイムも全然でしたが全力を出し切ったので、今の僕に悔いはないです」と言い切った。

 萩野はリオ五輪後に故障や原因不明の体調不良などで休養をやむなくされていた。それを振り返り、「僕自身もいろいろありましたし、海外の選手も難しい時間を過ごしていく中で、この8人の中に入れて、8人で争えることができて、競技者としてこれ以上の幸せはないです」と、こちらも納得の達成感をのぞかせた。

 結果は望んだものではなかったかもしれない。しかし、両者の笑顔を見ていると、この舞台に立てる喜びが何よりだと感じさせるものだった。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング