専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

笑顔なき銅メダルの伊藤美誠が明かした、中国勢の“凄み”「流れを引き戻すのが難しい」【東京五輪】

江國 森(THE DIGEST編集部)

2021.07.29

準決勝で中国の孫穎莎に敗れ、涙をこぼした伊藤。写真:JMPA代表撮影

準決勝で中国の孫穎莎に敗れ、涙をこぼした伊藤。写真:JMPA代表撮影

 7月29日に行なわれた卓球女子シングルスの3位決定戦で、日本の伊藤美誠はシンガポールのユー・モンユと対戦。第1ゲームを落としたものの、そこから4ゲームを連取して4-1で勝利し、日本女子シングルス初となる銅メダルを獲得した

 日本初の快挙達成も、「最終的に勝ったのは良かったですけど、悔しい気持ちのほうが大きいです。嬉しさは1(パーセント)あるかなぁという感じ。99(パーセント)は悔しいです。100に近いぐらいですけど」と、喜びの気持ちはほとんどないことを明かした。

 第2ゲームを9-3から落とすなど中国の孫穎莎に0-4の完敗を喫した準決勝はもちろん、3位決定戦でも「すべてを出し切れなかった」という。

【PHOTO】日本卓球史上初の金メダル!混合ダブルス初代王者に輝いた水谷隼・伊藤美誠の激選ショット!  
 金メダルを目標に掲げていた日本のエースに立ちはだかったのは、やはり中国勢だった。同い年の孫との準決勝については、「全てを出し切れば勝てなくはない選手。だけど、出し切れないと実力差が出てしまう。100パーセントを出せないと勝てない。今日は20~30パーセントぐらいだったかな」と振り返った。

 その中国勢の凄さについては、次のように語っている。

「絶対に諦めない。第2ゲームで9-3になっても、諦めていないのは分かっていた。1、2本で向こうに流れを持っていかれた。中国人選手に一度持っていかれると、引き戻すのは本当に難しい。他の国の選手にならできても、それが難しいんです」

 中国勢の高い壁を破るため、「流れを持って行かれても、また取り戻せる選手になりたい。中国人選手にそれができれば、誰にでもできるんで」と今後の成長を誓った20歳は、「中国人選手に勝って、メダルを獲りたいです」と次を見据えた。

 すでに、混合ダブルスではその目標を達成した。シングルスでは叶わなかったが、団体戦でリベンジするチャンスが、まだ残っている。

取材・文●江國 森(THE DIGEST編集部)

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング