専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

【卓球女子団体戦】日本チームが全試合ストレート勝ち!ハンガリー代表を一蹴し準々決勝に進出【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.01

ハンガリー代表に全試合ストレート勝ちを収めた日本女子チーム。順当に準々決勝進出を果たした。(C)Getty Images

ハンガリー代表に全試合ストレート勝ちを収めた日本女子チーム。順当に準々決勝進出を果たした。(C)Getty Images

 8月1日、いよいよ始まった東京五輪卓球競技の団体戦。日本の女子チーム(伊藤美誠、石川佳純、平野美宇)は1回戦でハンガリー代表(マリア・ファゼカシュ、サンドラ・ペルゲル、ドラ・マダラス)と対戦し、全試合ストレート勝ちを収める横綱相撲で準々決勝を果たした。

 第1試合、ファゼカシュ/ペルゲル ペアと対戦した石川/平野ペアは、第1、2ゲームとも11-7で連取。第3ゲームはハンガリーペアが意地を見せるも、11-8で接戦を制しストレート勝ちを収めた。
 
 エース対決となった第2試合も、伊藤がマダラスを圧倒。第1ゲームは2-2から9ポイントを連取し11-2、第2ゲームも粘る相手をねじ伏せ11-6。第3ゲームはマダラスが見事なプレーを見せる場面もあったものの、11-6で勝ち切り日本が1回戦突破に王手をかける。

 第3試合、今大会初のシングルスの試合となった平野も、第1ゲームからペルゲルを一切寄せ付けず。素早い攻めで11-3、11-5と連取すると、第3ゲームも食らいつく相手を振り切り11-7で勝利。日本は全選手が持ち味を存分に発揮し、順当にベスト8入りを決めた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】悲願の団体金メダルへ!石川佳純、張本智和、伊藤美誠ら、日本の卓球界を引っ張る選手を一挙紹介!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング