専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「自転車に次いで近代五種でも!」ドイツ人監督が暴れる馬にパンチをお見舞いして大会追放!【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.08

ジャンプ目前に騎乗馬セントボーイが急停止! シュロイは結局、「失権」となった。(C)REUTERS/AFLO

ジャンプ目前に騎乗馬セントボーイが急停止! シュロイは結局、「失権」となった。(C)REUTERS/AFLO

 会場内のカメラが、決定的瞬間を捉えていた。

 8月6日に開催された東京五輪・近代五種女子で、驚きのハプニングが起こった。4番目の種目である馬術に臨んだドイツ代表のアニカ・シュロイだったが、騎乗したセントボーイがコントロール不可能になってしまう。順調に障害をクリアしていたが、5つ目にチャレンジする前に興奮状態となり、制御できなくなってしまったのだ。

 パニックに陥り、馬上で泣きじゃくるシュロイ。そのとき、近づいてきたセントボーイの臀部を拳でコツンと殴った人物がいた。ドイツ代表の女性監督、キム・レイズナーだ。シュロイのために、なんとかしてあげようと考えての行動だったのかもしれないが、明らかな虐待行為である。

 すぐさま問題視したUIPM(国際近代五種連合)が、声明文を発表。「レイズナー氏が馬を殴打しているように見えるビデオがあり、それを検証した結果、競技規則に違反していることが判明した」と記し、「特別委員会は彼女に対してブラックカードを提示し、東京オリンピック2020におけるすべての資格を停止する」と言い渡したのだ。
 
 馬術種目まで上位をキープしていたシュロイながら、この4種目目が「失権」となり脱落。最終的には36人中31位で大会を終えた。なお、近代五種の騎乗馬は抽選によって決定される。五輪最終日には男子競技が行なわれるが、セントボーイは対象外となったようだ。

 英公共放送『BBC』は「ドイツ人指導者が東京オリンピックで大会追放処分を受けるのは、自転車競技に次いで2例目だ」と報じた。自転車競技の男子タイムトライアルで、ドイツ代表コーチであるパトリック・モスターが人種差別発言で物議を醸した一件だ。指導する選手が北アフリカ出身の2選手と競っている際に、「そのラクダ商人たちを追い越せ!」と大声で指示を飛ばし、これがテレビ中継中に放送されて大問題に発展した。

 いくらヒートアップした状態とはいえ、動物に対する虐待も人種差別発言も、許されるものではない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連フォト】パニック状態に陥り、馬上で大泣きしてしまうシュロイの画像

【PHOTOギャラリー】シュミット、ビロディド、リパコワに大和撫子たちも厳選! 東京五輪を彩る美女アスリートを一挙紹介!
NEXT
PAGE
【関連フォト】パニック状態に陥り、馬上で大泣きしてしまうシュロイの画像

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング