専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「謝罪せずに旅立つのか!」“悪質いじめ騒動”に揺れる双子姉妹のギリシャ行き確定に韓国メディアが激怒!「永遠の別れだ」

THE DIGEST編集部

2021.09.30

このまま声明を発表することなく旅立つのか。双子姉妹の動向に注目が集まる。(C)AFLO

このまま声明を発表することなく旅立つのか。双子姉妹の動向に注目が集まる。(C)AFLO

 韓国時間の9月29日午後7時、それがタイムリミットだった。

 今年2月、学生時代に複数の同級生に行なった悪質ないじめ加害が暴露され、いまだ韓国中から厳しい視線に晒されているのが、元韓国女子バレーボール代表のイ・ジェヨン&ダヨンの双子姉妹だ。6月30日に所属先の興国生命ピンクスパイダーズは、鎮火の気配を見せないバッシングを考慮し、姉妹との契約延長を断念。移籍金ゼロでフリーの身となった姉妹ながら、国内で獲得に手を上げるクラブなどなく、キャリアの終焉もまことしやかに囁かれていた。
【PHOTOギャラリー】韓国で大人気の美女チアリーダー、キム・ハンナが公開した“悩殺ショット”集をチェック!

 そんななか、熱烈なラブコールを送ったのがギリシャの強豪PAOKだった。彼女たちが興国生命時代に稼いでいた報酬のおよそ10分の1となる約600万円(ひとり当たり)でオファーを出し、とんとん拍子で契約に漕ぎつけたのである。しかし、事はすんなり運ばない。海外移籍には韓国バレーボール協会が発効する国際移籍証明書(ITC)が必要となるが、同協会は「国内でトラブルを抱え、かつ和解・解決の見込みがない選手の国外移籍は認められない」と強硬な姿勢を崩さなかった。

 ITCがなければギリシャ国内の労働ビザも得られないため、追い詰められた姉妹とPAOKはトルコのスポーツ専門エージェンシーと手を組み、弁護団を形成して事態の好転を図った。国際バレーボール連盟に直訴する奥の手に打って出たのである。
 
 結果、国際連盟は韓国協会に対して、「双子姉妹に対する懲罰は韓国国内でのみ有効」との有権解釈を示し、9月29日午後7時までにITCの発効が実施されなければ、国際連盟が独自にITCを作成すると発表したのだ。その期限までに韓国協会はリアクションを起こさなかったため、事実上、姉妹のギリシャ行きが確定する運びとなった。

 両選手のやり口に対して、やはり怒りが収まらないのが、韓国の世論だ。被害者との和解はおろか、誠意を込めた謝罪もしないままに国外逃亡するのかと、そこかしこで火の手が上がっている。それを代弁するかのように、全国紙『朝鮮日報』にも記事提供するスポーツ・芸能総合サイト『OSEN』は「謝罪をせずに旅立つつもりか! これは“永遠の別れ”を意味する」と銘打ち、辛辣な批評を展開した。
NEXT
PAGE
「ギリシャ行きは片道切符の過酷な旅に向かうに等しい」

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング