専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「我々を驚かせる」角田裕毅についてチーム代表が語った満足感と期待。一方で「後釜」候補への言及も

THE DIGEST編集部

2021.10.04

ロシアGPでも不本意な成績に終わった角田。来季も引き続きシートを獲得したが、下からの突き上げがあることも確かだ。(C)Getty Images

ロシアGPでも不本意な成績に終わった角田。来季も引き続きシートを獲得したが、下からの突き上げがあることも確かだ。(C)Getty Images

 F1のスクーデリア・アルファタウリは今季、コンストラクターズランキング5位を目標に掲げ、第13戦オランダ・グランプリまでは唯一の全戦ポイント獲得チームとして順調な歩みを見せてきたが、続くイタリアGP、ロシアGPではメカニカルトラブルや戦略ミスによって連続で入賞を逃してしまっている。

 現在は6位につけ、アルピーヌには19ポイント差をつけられた状態で終盤戦に突入しようとしているところで、チームのフランツ・トスト代表がアルファタウリの今後、来季の残留が決まったピエール・ガスリー、角田裕毅に対する印象、さらにはドライバーズランキングの展望などについても言及した(専門メディア『F1 INSIDER』より)。

 足踏み状態となってしまったここ数戦を振り返り、「物事がうまくいかない時、私は数日間は不機嫌になるが、モンツァ、ソチと続いてしまっている。とにかく、エラーを分析して次戦で結果を出すよう努めるだけだ。もっとも、現在はこんな状況にもかかわらず、今季はここまでとても順調に進んでいる」とポジティブに語った。
 
 話はドライバーに移り、ルーキー角田のここまでのF1キャリアを「より困難なものだった」と回想。これまでにも幾度か語っているように「とりわけ現在のF1は若いドライバーにとって困難かつ複雑なものであることを示している」と、ルーキーにとっては不利な状況であるとし、「角田は順調にスタートしたが、その後は“やり過ぎ”、いわゆる『クラッシュ期』に突入した。これは全ての若いドライバーが経験するもので、ここで彼は限界というものを知った」と、予定通りの道のりを進んでいると強調した。

 その上で、「彼はF1で間違いなく、新しいことを学んでおり、それがブダペスト(ハンガリーGP)での6位という好結果に繋がっている。そして将来、彼は非常に良い結果を出して我々を驚かせるだろう」と予想。また、早めの残留決定については「彼も驚いており、私は理由を説明した。若いドライバーにチャンスを与え、すぐに捨てるのは意味がない。角田には可能性があり、学んでいる最中であり、一緒に仕事を続けることに何ら疑問の余地はなかった」と、改めて語っている。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング