専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「凶悪でまさにモンスターだ」鉄腕タイソンが井上尚弥を手放しで称賛!「パッキャオより優れている」

THE DIGEST編集部

2021.10.31

バンタム級で無双状態に突入している井上(左)。今回はタイソン(右)が絶賛の言葉を送っている。(C)Getty Images

バンタム級で無双状態に突入している井上(左)。今回はタイソン(右)が絶賛の言葉を送っている。(C)Getty Images

”モンスター”がボクシング界のレジェンドをも唸らせている。

【動画】渾身のストレート炸裂! 世界の大舞台で見せた井上尚弥のKOシーン

 プロ転向から21勝(18KO)と無敗記録を更新し続けてきたWBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(大橋)。今年6月には米ラスベガスでIBF指名挑戦者のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)を3回2分45秒TKOで下すなど、もはや同級では敵なしの状態だ。

 その圧倒的な強さで各方面から高い評価を得ている28歳だが、今回新たに絶賛の言葉を寄せたのは、元WBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者のマイク・タイソン。自身のポッドキャスト番組『Hotboxin' with Mike Tyson』に、ラッパーのアクション・ブロンソンとともに出演し、自ら井上の話題を切り出した。
 
 まず、タイソンは「ヤツ(井上)はとんでもないよ。きっとお前はすさまじいものを見ることになる」とブロンソンに忠告すると、6階級制覇を成し遂げた伝説的ボクサーを引き合いに出して「マニー・パッキャオ(フィリピン)より優れている。勝るとも劣らない」と指摘した。

 さらに、その後も“Fワード”を用いながら「ヤツは凶悪で、まさにモンスターだ」と絶賛したタイソン。これらの発言には米スポーツメディア『Essentially Sports』も注目しており、10月30日に掲載した記事内で「マイク・タイソンの正しさを証明できるだろうか?」と読者へ問いかけている。

 12月14日には、IBF同級6位アラン・ディパエン(タイ)との防衛戦を控える井上。目標として掲げながらも、来年へ持ち越しとなった“4団体統一”へ向けて、勢いをつけるファイトを見せられるか。そのパフォーマンスに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】21勝17KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング