専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

「失望に満ちた週末」ブラジルGP15位の角田裕毅に専門メディアは軒並み最低評価。レース後の不満コメントにも苦言が

THE DIGEST編集部

2021.11.16

角田はクラッシュにより10秒ペナルティを科せられるなど、不本意な結果に終わった。(C)Getty Images

角田はクラッシュにより10秒ペナルティを科せられるなど、不本意な結果に終わった。(C)Getty Images

 F1第19戦ブラジル・グランプリの決勝、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は15位でレースを終え、ポイント獲得はならなかった。

 初体験のコース、スプリント予選実施のために初日のフリー走行が1回という不利の中で苦戦が続き、決勝は15番手スタート。ソフトタイヤを活かして順位を上げたものの、4周目のターン1でランス・ストロール(アストンマーティン)のインに飛び込んだところで接触、フロントウイングを失ってピットインを余儀なくされ、またこのインシデントの責任を問われて10秒のタイムペナルティーを科せられることとなった。

 角田は接触の場面について「リスキーな仕掛け」と認めながらも、「彼はミラーを全く見ていなかった」とストロールを批判。また、10秒ペナルティーについても「馬鹿げている」と不満を露にしたが、彼を擁護する海外専門メディアは少なく、その評価も厳しいものが多い。『RN365』は以下の寸評のように、幾らか角田の言い分に理解を示すも、採点では10点満点中の「4.5」という、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメ)と並んでの最低タイとなった。
 
「ストロールへの仕掛けは少しばかり遅すぎたが、もう少しスペースを与えられるべきだったという議論も。典型的な、リスクも高いが報酬も高いというケースだったが、ツノダにとっては後者だった。ただ、それよりも問題なのは、チームメイトのピエール・ガスリーとのペースの差であり、平均で1ラップ0.5秒の開きがあった。初めてのコースで、予選までに1回しかフリー走行の機会を与えられないという不利はあったが、それでもツノダには、もっと多くのことが期待されていた」

 一方、『THE RACE』は単独最低の「2」で、「初走行のインテルラゴスで、予選が進むにつれて車の扱いに苦労し、Q2敗退。スプリント予選では好スタートを切るも間もなくして順位を落とし、ラストラップでストロールに追い抜かれた。そして決勝では、ソフトタイヤでのスタートで攻撃的なレースが求められたが、積極的過ぎた彼はストロールに突進して10秒ペナルティーを受け、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)とハース勢以外のドライバーの後塵を拝した。この数戦は成長を見せていたが、今回は後退した」と振り返った。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング