専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

衝撃の失神KO! 堀口恭司を打ちのめしたペティスの一撃に米識者たちも驚嘆「間違いなく今年の格闘界で最高のフィニッシュ」

THE DIGEST編集部

2021.12.04

久々のベラトールで派手に散った堀口。だが、そのパフォーマンスは称賛に値するものだった(写真は2015年のもの)。(C)Getty Images

久々のベラトールで派手に散った堀口。だが、そのパフォーマンスは称賛に値するものだった(写真は2015年のもの)。(C)Getty Images

 まさかのKO劇だった。

 現地時間12月3日、アメリカ、アンカスビルのモヒガン・サンアリーナで、ベラトール世界バンタム級タイトルマッチが実現。二冠王を目指したRIZIN同級王者の堀口恭司(アメリカントップチーム)は、王者セルジオ・ペティス(アメリカ)に4回KO負けを喫した。

 4回終了間際、刹那の出来事だった。相手が組み合いから離れた瞬間に距離を詰めに行った堀口。しかし、ここでペティスがバックハンドブローを炸裂。顎にクリーンヒットを受けた31歳のサムライは、そのまま大の字でダウン。失神する姿を見たレフェリーがあえなく試合を止めた。
 
 ベラトールでは19年6月以来という久々の一戦で、主導権は握っていた。そんな堀口を倒したペティスの一発は、大きな話題となっている。アメリカの格闘ジャーナリストであるアリエル・ヘルワニ氏は自身のツイッターで、「セルジオ・ペティスによる、このアメージングなKOを見てくれ」と興奮気味に記し、「間違いなく今年の格闘界で最高のフィニッシュだった。闘いがどのように進んだかを考えれば、なおさら驚くべき結末だ」と絶賛した。

 また、アメリカのスポーツ専門局『ESPN』のブレット・オカモト記者は「このスポーツは狂っている」と驚嘆。そして、「なんてことだ。これは年間でも最高のフィニッシュかもしれない。その瞬間と技術、そして破壊の仕方を見てくれ。まだ信じられない」と、ヘルワニ氏と同様にペティスのフィニッシュワークを褒めちぎった。

 ベラトール王座への返り咲きを狙っていた堀口。だが、悔しい一発を浴びてしまった。

構成●THE DIGEST編集部
【動画】史上最高のフィニッシュ!? 堀口をKOさせたペティスの衝撃KOシーンをチェック
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング