専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

シバターvs久保の“ヤラセ騒動”にRIZINバンタム級王者の扇久保博正が不快感を吐露「相手とLINEするのはあり得ない」

THE DIGEST編集部

2022.01.04

朝倉海との激闘を制して大みそかの主役となった扇久保。しかし、大会後に話題となってしまったのは、自身のカードではなく……。(C)RIZIN FF

朝倉海との激闘を制して大みそかの主役となった扇久保。しかし、大会後に話題となってしまったのは、自身のカードではなく……。(C)RIZIN FF

 大みそかに行なわれた異色の対戦に、怒りの声が上がっている。

 波紋を広げているのは、昨年の大みそかに行なわれた総合格闘技イベント「RIZIN.33」で、YouTuberで総合格闘家のシバターが、初代K-1 WORLD GPウェルター級王者の久保優太に挑んだ一戦だ。

 不自然にも見えるあっけない決着だった。元K-1戦士らしくカーフキックを見舞うなど序盤は久保が優勢だった。だが、決め手を欠いたまま、1ラウンドの終盤にシバターが飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決めてTKO勝ちを収めた。

 試合後に両者が交わしていたLINE画面のスクリーンショットが流出。なんとシバターが久保に「1ラウンド目と2ラウンド目の間のインターバル中に、てんちむちゃんがラウンドガールとして出るから、2ラウンド目までは行きたい。だから1ラウンド目は本気でやらずに軽く流して、2ラウンド目からお互い本気でやりましょう」などと提案していたのだ。

 これに対して久保は4日未明に更新した自身の公式YouTubeチャンネルで、流出したLINE画像について「本物」と強調したうえで、「RIZINの運営から試合がキャンセルになりそうだって聞いていて、強迫観念にかられた」と説明。一方のシバターは「まったく身に覚えがありません。あれ、ねつ造なんじゃないですか」「もし、台本を受けるんだったら真実は墓場まで持っていくつもりじゃなきゃ。負けてから騙されたって騒ぐのはカッコ悪すぎんだろ」と異論を唱えた。
 
 もっとも、ファンや関係者の間では、何よりも“ヤラセ”の事実に対する怒りが噴出している。同大会のメインマッチとして開催された日本GPバンタム級トーナメントのファイナルで朝倉海を破って王者となった扇久保博正もそのひとりだ。

 4日に自身のYouTubeチャンネルに新たな動画を投稿した扇久保は、「ひとつ皆さんに言いたいのは、あの試合は僕らとは別枠だと思っているので、同じものだと考えないで欲しいなと思います」と不快感を口にした。

「対戦相手と(試合前に)LINEするのはあり得ないことなので、そこも、論外だなと。仮にそういう打ち合わせをしていたとしても、それで『騙されて負けた』と言ってしまうのは、すごくダサいなと思います」

 いまや世間はヤラセ騒動一色になりつつある。同日に行なわれた日本GPバンタム級トーナメントの準決勝で井上直樹、そして決勝で朝倉と、いずれも難敵を打ち破って文字通り主役となっていた扇久保だけに、「もう騒ぐのはやめましょう」と怒りを滲ませて言い切った。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング