専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

世界王者ネイサン・チェンの最大のライバルは「ユヅル・ハニュウ」!元米代表の名手が「独創的であり妙々たるもの」と賛辞

THE DIGEST編集部

2022.01.07

北京五輪の出場をかけた『全米選手権』に挑むチェン(左)。その最大のライバルはやはり羽生(右)のようだ。写真:Getty Images/金子拓弥(THE DIGEST写真部)

北京五輪の出場をかけた『全米選手権』に挑むチェン(左)。その最大のライバルはやはり羽生(右)のようだ。写真:Getty Images/金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 現地時間1月6日に開幕するフィギュアスケート『全米選手権』では、世界王者ネイサン・チェンが大会6連覇とともに、北京五輪の代表切符獲得へと挑む。

【全日本フィギュアPHOTO】羽生結弦が2年連続6度目の王者に。「4A」に挑んだフリー、表彰式での弾ける笑顔や宇野との2ショットなど様々な表情を厳選!

 今季はグランプリ(GP)シリーズ第1戦のアメリカ大会でジャンプで転倒。表彰台には上がったものの、3位と個人戦では約3年ぶりにトップの座を明け渡した。

 それでも翌週のカナダ大会では立て直し、ほぼノーミスで優勝を飾った。そんな22歳のエースには、アメリカ国内でも期待が高まっている。米放送局『NBC』の情報番組「Today」では、トリノ、バンクーバーと2大会連続五輪出場した元スケーターのジョニー・ウィアー氏が国内選手権への展望を語った。
 
 かつてアメリカ代表のエースでもあったウィアー氏が、男子シングルの注目選手として挙げたのは、チェンの他にジェイソン・ブラウン、ビンセント・ジョウの3人。「チェンはフリーで6回の4回転ジャンプを跳ぶ可能性がある。一方でジョウは5回チャレンジし、高度な技術の新境地を開くだろう」と話す。

 無論、米国内選手権はハイレベルな争いとなる。しかし、同氏はその先に待ち受ける北京五輪という大舞台を見据え、米代表のライバルが「2度五輪王者に輝くユヅル・ハニュウだ」と強調した。

 五輪王者へ敬意を払った元名手は、金メダル候補に挙げられている羽生について「2014年の五輪チャンピオンになった時とほとんど変わらず独創的であり妙々たるものだ」と賛辞を贈った。

 米代表入りはもちろん、羽生との争いにもすでに注目が集まっているチェン。はたして、22歳のスタースケーターはいかなる演技を見せるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】北京五輪での3連覇に燃える羽生結弦が、氷上で再び “ロックスター”に! 新衣装もお披露目されたMOIでの演技をチェック
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング