専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技

「信じられないほどのファイター」「世界最高の戦い」ドネアとの死闘を制した井上尚弥を海外メディアが絶賛!

THE DIGEST編集部

2019.11.07

難敵ドネアを打ち破った井上に賛辞が相次いでいる。(C) Getty Images

難敵ドネアを打ち破った井上に賛辞が相次いでいる。(C) Getty Images

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで、ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝が開催され、WBA・IBF王者の井上尚弥が、フィリピンの5階級制覇王者ノニ...
 11月7日にさいたまスーパーアリーナで、ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝が開催され、WBA・IBF王者の井上尚弥が、フィリピンの5階級制覇王者ノニト・ドネアと対戦し、判定勝ちで大会を制した。

 まさに死闘だった。立ち上がりこそ、両者とも相手の出方を伺うような展開を見せたが、少しずつ手数を増やしていくと、2ラウンド目にドネアが魅せる。得意の左フックを相手の右目をヒットさせて出血。これは、井上にとってアマチュア時代を通じても、試合では初の出来事であった。

 それでも、動じることなく冷静に試合を進めた井上は、4ラウンド目以降、ドネアに詰め寄って、コンビネーションパンチを当てていく。11ラウンド目にはボディーショットを炸裂させてダウンを取った。

 結局、最終12ラウンドまで戦い抜いた両者だったが、判定の結果、3-0で、井上が見事にバンダム級世界最強の称号を手にした。
 

 激しい攻防戦を制し、レジェンドファイターを打ち破った井上には、海外メディアからも賛辞が集まっている。

 英紙『Independent』は、この試合について、「ドネアはこの試合だけで評価できるわけじゃないが、ナオヤ・イノウエは信じられないほどのファイターだった。この決勝は別次元の試合だった」とレポート。さらに英紙『The Sun』も「二人の男による信じられないファイトだった。最終ラウンドまで戦い続けた両者の戦いは、世界最高の戦いだった」と絶賛した。

“世界最強”の称号を手にした井上。そのパフォーマンスに対する賛辞は今のところ収まる気配がない。

構成●THE DIGEST編集部

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング