フィギュア

「胸が張り裂けそう」元全米王者がドーピング疑惑のワリエワを擁護。周囲の“大人たち“には「クソ野郎どもだ」と怒り露わ【北京五輪】

THE DIGEST編集部

2022.02.12

公式練習で個人戦に向けてトレーニングを続けるワリエワ。(C)Getty Images

 ドーピング疑惑が浮上しているフィギュアスケート界の新星、カミラ・ワリエワ。団体戦でショートプログラム(SP)、フリースケーティング(FS)ともに1位を獲得し、チームに金メダルをもたらした天才少女だ。

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

 ところが、歓喜に沸いた団体戦後、状況は一変。表彰式が急遽中止となり、昨年12月に行なわれたロシア選手権の際にワリエワから採取した検体から、禁止指定物質であるトリメタジジンが検出されたと国際検査機関(ITA)が発表したのだ。

 今季からシニアに参戦し快進撃を続けてきた15歳。この大舞台で思わぬ落とし穴にはまった彼女を擁護する声も少なくない。「この状況には胸が張り裂けそうだ。この少女は15歳の未成年だ」と主張する元全米王者のアダム・リッポン氏(米国)は、「周りの大人は完全に彼女を裏切っている。彼女をこのようなひどい状況に追い込んだ大人たちは罰せられるべきだ」と訴える。
 
 同氏は「大人たちが彼女の健康や幸福よりもパフォーマンスを優先させた。クソ野郎どもだ。彼らが彼女やここにいる皆のオリンピックを台無しにしたんだ」と怒りを露わにし、こう続けた。

「ROCは、またしても世界の舞台で選手に惨めな、そして恥ずかしい思いをさせた。北京で戦うロシアの選手がオリンピックでやる全てが問われることになる。心が痛むよ」

 さらに同氏は、「世界はスポーツを新たなレベルに押し上げる人の成功を祝いたい。でもフェアプレーを拒否する人たちがいると、そうもいかないよね」と嘆いた。

 15日から始まる個人戦の出場に暗雲が立ち込めるワリエワ。出場の可否はスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定次第だ。

構成●THE DIGEST編集部

【北京五輪PHOTO】驚異の90.18点で衝撃的な五輪デビュー!ロシアが誇る逸材カミラ・ワリエワ!

【PHOTO】高難度ジャンプもお手のもの! ワリエワ、トゥルソワら北京冬季五輪を席巻しそうなロシア女子フィギュアスケーターを特集!

【関連記事】「責任を取るべきは管理者だ」ワリエワを指導するトゥトベリーゼ氏ら"大人たち"を露メディアが猛批判【北京五輪】
 

RECOMMENDオススメ情報

RANKINGランキング