専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「ウェルダンしか焼けない」バブルホテルで注文した“ステーキ”に米記者が不満!コロナ規制は「過剰に感じられる」【北京五輪】

THE DIGEST編集部

2022.02.12

厳格なバブル下で開催されている北京五輪。規制への不満を漏らした米記者のツイート内容とは?(C)Getty Images

厳格なバブル下で開催されている北京五輪。規制への不満を漏らした米記者のツイート内容とは?(C)Getty Images

 連日、各競技で熱戦が繰り広げている北京五輪。しかし、その一方で新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」は世界的に猛威を振るっており、対応に追われる大会運営側の規制について、現地取材を続ける記者の一部から不満が漏れだしているようだ。

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

 現地時間2月9日、世界的なネットワークを誇る米放送局『CNN』のタラ・マルホランド氏は、公式Twitterを更新。今大会を現地で取材している同僚のネクター・ガン氏が、バブルホテル内でステーキを注文した際、スタッフから「ウェルダンしか焼けない」と言われたと伝えた。

 掲載された1枚の写真には、フライドポテトやブロッコリーを盛ったプレートが収められており、そのなかで取り出されているのが問題のステーキだ。かなり火が通されている様子で、「炭のかたまりみたいものが出された。本当にやり過ぎだよ」との嘆きを綴っている。
 
 また、同日にガン氏が掲載した記事内では、「新型コロナの規制は時に過剰に感じられる」と指摘。女子フリースタイルスキー・ビッグエアの会場に近づいた際にも、「タクシーの運転手に『バブルを壊す』として、窓を開けて写真を撮るのを妨げられた」と明かした。

 関係者と外部の接触を遮断する厳格な「バブル方式」が採られている今大会。感性拡大を防ぐにはやむを得ない対策だとはいえ、生活面でもタフさが求められている感は否めない。ただ、いまは無事に大会が行なわれ、そのなかで選手たちが最大限のパフォーマンスを発揮できることを祈るばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連画像】米記者が「本当にやり過ぎだ」と嘆き! 実際のステーキ写真をチェック

【PHOTO】北京オリンピックで輝いた「日本人メダリスト」を一挙紹介!

【関連記事】「非常に厳しいものだ」バブル内の“食事情”に米記者から不満も。東京大会は「少なくともデリバリーできた」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング