専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「彼女無くしては語れない」高梨沙羅、北京五輪後の復帰戦で優勝!海外も注目する日本のエースが“K点越え”で決めた

THE DIGEST編集部

2022.03.03

1本目が130メートル、2本目も132メートルの大ジャンプ。圧巻Vに高梨の笑顔が弾ける。写真:AFP/アフロ

1本目が130メートル、2本目も132メートルの大ジャンプ。圧巻Vに高梨の笑顔が弾ける。写真:AFP/アフロ

 現地時間3月2日、ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人の第14戦(ヒルサイズ=140メートル、K点=123メートル)がノルウェーのリレハンメルで開催された。北京五輪後の初戦に臨んだ高梨沙羅は、合計291.5点で見事優勝を飾り、歴代最多の通算62勝目とした。

【北京五輪PHOTO】涙を乗り越えて驚異的な大ジャンプ!北京で全力を振り絞った高梨沙羅の雄姿をお届け

 先の北京五輪では失意に暮れた。メダル獲得が有力視された個人戦であと一歩の4位に留まると、気持ちを切り替えて挑んだ混合団体戦では不運に見舞われた。1本目の跳躍後にスーツ規定違反を告げられ、失格となったのだ。気力を奮い立たせ飛んだ2本目では、98.5メートルの跳躍を見せてチームの4位入賞に貢献するも、25歳は人目をはばからずに泣き崩れた。

 そんな高梨は前週オーストリアで開かれたW杯こそ欠場したものの、今回の第14戦は満を持して参戦。この25歳の復帰は日本のファンのみならず、世界のメディアからも熱視線を浴びた。

 FIS(国際スキー連盟)のコメンテーターを務めるフリージャーナリスト、ルイス・ホルヒ氏は、「サラ・タカナシが大会に戻って来てくれて、とても嬉しい! 女子スキージャンプ界は、彼女無くしては語れない」とコメント。さらにポーランドの専門メディア『skokipolska』は、「サラ・タカナシのカムバックに注目だ」と伝えていた。
 
 そして日本のエースは、鮮やかに勇躍する。1本目に130メートルを飛んで2位につけると、2本目も132メートルを記録し、順位を上げてフィニッシュ。2位にニカ・クリズナー(スロベニア)、3位にはウルサ・ボガタイ(スロベニア)が入った。

 ロシア開催のW杯が中止となったため、今季の個人戦は残すところあと5戦で、明日も同じくラージヒルで行なわれる。ジャンプ界を引っ張る高梨の連続優勝に期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連画像】さらなる活躍に期待! 日本が誇るスキージャンパー、高梨沙羅の厳選ショットを一挙お届け!

【関連記事】「か、か、か、可愛い」高梨沙羅が引き締まった“美脚&美貌”を披露!「筋肉の力強さを感じる」「画になる」とファン喝采

【関連記事】「本当に勘弁して!」高梨沙羅ら5名を失格にした審判員が地元局で嘆き。「選手が真剣に取り組むもの」と反論も
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング