専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

ドーピング騒動に揺れたワリエワは320万円を獲得! モスクワ市が五輪メダリストに支払ったボーナス額が判明

THE DIGEST編集部

2022.03.10

ドーピング騒動で精彩を欠いたワリエワ。しかし、彼女にも国内からボーナスが支給された。(C)Getty Images

ドーピング騒動で精彩を欠いたワリエワ。しかし、彼女にも国内からボーナスが支給された。(C)Getty Images

 先の北京五輪でドーピング騒動に揺れたカミラ・ワリエワ(ロシア・オリンピック委員会=ROC)。しかし、団体戦で金メダルを手にした15歳は、相応の対価を得るようだ。

 現地時間3月9日、ロシア・メディア『Sport 24』が報じたところによれば、北京五輪のフィギュアスケート団体戦で金メダルを獲得したワリエワは、モスクワ市から400万ルーブル(約320万円)のボーナスが支給されたという。

 15歳の少女にとって、決して良い五輪だったとは言い難い。金メダルを獲得した直後の2月8日に、昨年12月に採取された検体から禁止薬物の陽性反応を示したと公表され、各国メディアやファンの非難に晒されたのだ。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)の公聴会を経て、要保護である年齢(16歳未満)や、北京入国後の検査での陰性だった観点から継続出場は認可された。だが、国際的なバッシングを受けたワリエワは、本領を発揮できず。シングルでは4位に沈み、涙を流した。

 もっとも、国内での評価は揺るぎない。ゆえに金メダル獲得に対するボーナスは支給された。『Sport 24』は、モスクワ出身である五輪のメダリストたちに対して同市が、金メダリストに400万ルーブル、銀メダリストに250万ルーブル(約200万円)、銅メダリストに170万ルーブル(約136万円)をそれぞれ支払うと伝えている。

 なお、ROCのフィギュア勢では、シングルスでアンナ・シェルバコワが金メダル、アレクサンドラ・トゥルソワが銀メダルを獲得。そのため、モスクワ市出身の両者ももれなくボーナスを受け取る手はずになっている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「まるで実情を分かっていない!」平昌五輪・金メダリストの“トゥトベリーゼ批判”に露フィギュア界の重鎮たちが猛反発!

【関連記事】「現実を受け入れなさい」元五輪女王ソトニコワの迷えるトゥルソワへの激励がまさかの物議!

【北京五輪PHOTO】五輪デビューは涙の4位。カミラ・ワリエワの演技をプレイバック

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング