専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

トランスジェンダー競泳選手の“大会制覇”に波紋。「女性として生まれた選手に失礼」と五輪代表がNCAAに抗議

THE DIGEST編集部

2022.03.23

女性に性転換したリア・トーマスは、全米大学No1の称号を手にするなど力の差を見せている。(C)Getty Images

女性に性転換したリア・トーマスは、全米大学No1の称号を手にするなど力の差を見せている。(C)Getty Images

 男性から女性に性転換したトランスジェンダー競泳選手の全米制覇が波紋を広げている。

 議論の的となっているのは、2020年まで男性として競技を続けていた米ペンシルベニア大学に通うトランスジェンダーのリア・トーマスだ。

 女性へ転換するため1年間以上かけてホルモン治療を行なった彼女は、昨秋に女性として競技に復帰。そこからは、大学記録や大会記録を塗り替えるなど、圧倒的な力を誇示。今月17日に開催された全米大学選手権の女子500ヤード(約457メートル)自由形では、東京五輪女子400メートル個人メドレーの銀メダリストであるエマ・ワイアントに1秒75差をつける4分33秒24でタイトルを掴んだ。

 トランスジェンダー選手として初の優勝と歴史的偉業を遂げるなか、筋肉量が多いトーマスとの不利な戦いを強いられる女子選手たちのなかには、不満をこぼす者もいる。リオ五輪に米国代表として出場したレカ・ジョルジョだ。

 同大会の予選で17位となり、準決勝進出を逃した25歳は、レース後にNCAA(全米大学体育協会)へ送ったという手紙を自身のインスタグラムで公開した。

「私は学生最後の大会で悔しい思いをした。NCAAの決定事項で、最後の1枠が奪われたように感じる。もっと速く泳いで16番以内に入るべきだったとは思いますが、この状況は、やっぱりちょっと違う気がする。怒りや悲しみをとおり越している。私やチーム、プールにいる他の女性を傷つけている」
 

 トランスジェンダー選手参戦の在り方を問う抗議の内容だ。赤裸々に想いの丈を記した元五輪戦士は、「NCAAに目をしっかり開けて見てもらい、将来的にルールを変えてほしいと願っている。今のままでは、私たちのスポーツをいい方向に発展させられない。生物学上、女性として生まれた選手に失礼だと思います」とも訴えている。

 なお、米国水泳連盟はテストステロン値の基準の厳格化するなど、新たなガイドラインを先月に発表。だが今大会は学生のコンディションを考慮し、NCAAが同ガイドラインを適用せずに実施していた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】トランスジェンダーの競泳選手に異論を唱え協会を辞任する人も!「男が女と競争するスポーツには関わりたくない」

【関連記事】米女子トランスジェンダー選手が「私は男じゃない」と批判に反論!水泳界で「もっと尊重されていいはず」と主張
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング