専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「コーチも満足してくれた」宇野昌磨が歴代3位の109・63点で男子SP首位!2位鍵山、3位友野【フィギュア世界選手権】

THE DIGEST編集部

2022.03.24

ショートプログラムでトップに立った宇野。演技後には笑顔がはじけた。(C)Getty Images

ショートプログラムでトップに立った宇野。演技後には笑顔がはじけた。(C)Getty Images

 現地時間3月24日、フィギュアスケート世界選手権の男子シングルのショートプログラム(SP)が行なわれ、宇野昌磨が歴代3位となる109・63点のハイスコアを叩き出し、首位発進を決めた。

 先月の北京五輪で銅メダルを獲得した宇野は、「オーボエ協奏曲」に合わせて、4回転フリップ、4回転-3回転トゥループ、トリプルアクセルの全てのジャンプを決めた。その後も情感溢れる演技を披露すると、フィニッシュ後には思わず笑顔で飛び跳ねた。

【フィギュア世界選手権PHOTO】実力派から次世代のスター候補まで! 男子・女子シングルの注目選手をピックアップ

 演技後「今日の演技はステファン・ランビエールコーチも満足してくれたと思います」と満足気に語った24歳は、「特にフリーはステファンコーチに振り付けして頂いているので、ステファンコーチの満足がいく演技が出来るように頑張りたい」と意気込んだ。
 
 2位に入ったのは、五輪銀メダリストの鍵山優真だ。4回転サルコーを楽々と決めると、続く4回転-3回転トゥループも成功。トリプルアクセルは着氷がやや乱れるたものの、ステップやスピン全てでレベル4を獲得し、105・69点とした。

 四大陸選手権2位の友野一希は101・12点で3位と、日本勢3人でワン・ツー・スリーにつけた。男子フリースケーティング(FS)は、26日に行なわれる。

構成●THE DIGEST編集部

【北京五輪PHOTO】団体戦、個人戦でメダル獲得!飽くなき“成長への欲”を胸に北京で舞う宇野昌磨を特集

【北京五輪PHOTO】初の五輪で自己ベストを大幅更新、銀メダル獲得!北京で躍動する鍵山優真のフレッシュな姿をお届け
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング