専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
その他

「恥知らずだ!」ロシア出身ドライバーが表彰式で“ナチ式敬礼”の愚行! 激怒した所属チームは「契約を即刻解除する」

THE DIGEST編集部

2022.04.12

FIA(国際自動車連盟)もさっそく調査に乗り出している。(C)Getty Images

FIA(国際自動車連盟)もさっそく調査に乗り出している。(C)Getty Images

 ロシア出身の15歳ドライバーが驚きのジェスチャーを繰り出し、大バッシングを浴びている。

 問題のシーンが起こったのは、現地4月10日のサーキット場だ。ポルトガルのポルティマンで開催されていた欧州カート選手権で、優勝を飾ったアルテム・セベリューヒンが表彰台でまさかの“ナチ式敬礼”を披露。左手で胸を2度叩くと、腕をまっすぐ前に伸ばして大爆笑したのである。
【関連動画】不適切なジャスチャーに関して謝罪するセベリューヒン

 FIA(国際自動車連盟)は他のスポーツ連盟と同様に、今回のウクライナ情勢を受けてロシアおよびベラルーシ出身選手の国際大会出場を禁じている。だがセベリューヒンはイタリアのライセンス資格を持っているため、今大会にはイタリア人としてエントリーを認められていた。つまりは表彰式でイタリア国歌が流れている最中で、愚行に及んだのである。

 まず怒りを露わにしたのが、セベリューヒンの所属チームであるワード・レーシングだ。スウェーデンが誇る名門はすぐさま声明を出し、「我々のパイロットによる恥知らずな行動に深く遺憾の意を示すとともに、最大級の言葉で彼の振る舞いを否定する。もはやアルテム・セベリューヒンとの関係を継続する可能性は皆無であり、即刻契約を解除するだろう」と断じた。

 さらにFIAも厳罰を示唆する。「受け入れがたいジェスチャーだ。すぐさま調査を始め、然るべき措置を講じていく」と宣言した。
 

 いったいなぜ、15歳がそんなジェスチャーをする必要があったのか。セベリューヒン本人はさっそくSNSで釈明した。「僕のやったジェスチャーがナチ式敬礼だと見なされているけど、違うんだ。ナチを支持したことなんてないし、ナチズムは人類に対して最悪の犯罪を犯したものと認識している」とコメント。どうやら仲間のひとりに、「イタリアでは表彰式で感謝を示すとき、胸を叩くのが慣習なんだ」と教えられ、「単にそれを実践したかった」のだという。大笑いしたのは、その仲間に向けたものだったか。選手本人は「いずれにせよ僕の過失です。愚かだった。どんな罰でも受け入れますので、どうか許してください」と猛省を口にしている。

 一方で、ロシア自動車連盟のスポークスマンがセベリューヒンのコメントを代弁。「レースに勝てて本当に嬉しかった。だから、家族や支えてくれたロシアの人びとへの感謝を込めたんだ。僕はロシアで生まれたロシア人。僕は祖国とともにある」という内容で、これがまた欧米メディアの紹介するところとなり、物議を醸している。

 欧州カート選手権は若き才能を見出す「FIへの登竜門」とも謳われ、過去にはルイス・ハミルトンやマックス・フェルスタッペン、ランド・ノリスといった今をときめく名ドライバーたちを輩出してきた。15歳でエリート街道を突き進むセベリューヒンだったが、今回の軽率な振る舞いで一転、キャリアの危機に直面している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

【関連記事】「ロシア人よ、頭を上げろ!」怒れるプルシェンコが強烈な愛国心を吐露!「人種差別をやめるんだ」

【関連記事】正直、モスクワの想定外だった」露ラブロフ外相はスポーツ界の“ロシア追放”に驚きを隠せず
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング