専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

「いずれは完全に死に絶える」元五輪フィギュア金メダリストが“ロシア追放”による悪影響に警鐘!「我々の痛手にはならない」

THE DIGEST編集部

2022.04.16

大富豪としても知られるナフカ氏。大胆な発言を繰り返している。(C)Getty Images

大富豪としても知られるナフカ氏。大胆な発言を繰り返している。(C)Getty Images

 国際スケート連盟(ISU)は4月24日に開催される臨時総会で、ロシアおよびベラルーシ選手団への制裁について再検討する予定だ。
【画像】ロシア・フィギュア界が誇る絶世の美女、アリーナ・ザギトワの厳選フォトをお届け!
 すでに各国連盟に意見を募るレターを送っており、18日が返答期限に指定されている。その内容と結果を踏まえて、現在禁じられている両国の国際大会への参加に対し、議論が交わされる予定だ。

 当然、ロシア側は制裁の解除または緩和に大きな期待を寄せている。2006年トリノ五輪・フィギュアスケートのペアで金メダルを獲得したタチアナ・ナフカ氏もそのひとりで、ロシア・テレビ局『Match TV』で独自の見解を示した。「良識的な判断が下されることを望みます」と話しつつ、「ただ、もし継続してフィギュアスケート界からロシアが排除されるようなら、恥ずべき決定だと言うほかないですね」と釘を刺している。
 

 さらに47歳のセレブは「我々にとっては大きな痛手にならないわ。この国のスポーツ界は創造性に溢れ、アスリートたちを前進させるような取り組みを常に続けている。ロシアのスポーツが死ぬことはない」とキッパリ。そのうえで「では世界のフィギュアスケートはどうかしら。悲しいことだけど、世界トップであるロシアが抜けたままなら緩やかに死に向かい、いずれは完全に死に絶えると思います。そしてそれは、他の競技にも言えることです」と私見を述べた。

 ナフカ氏の夫はウラジーミル・プーチン大統領の右腕で、政府報道官を務めるドミトリ・ペスコフ氏。ここ最近は妻で国民的な人気が高いナフカ氏も頻繁にメディアに登場しており、政府寄りの言動を繰り返して物議を醸してきた。アメリカなど西側諸国による経済制裁の個人リストにも名を連ねている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連画像】16年前のトリノ五輪で、金メダルを手に微笑む30歳当時のタチアナ・ナフカ氏

【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介!

【関連記事】「ロシア人よ、頭を上げろ!」怒れるプルシェンコが強烈な愛国心を吐露!「人種差別をやめるんだ」

【関連記事】正直、モスクワの想定外だった」露ラブロフ外相はスポーツ界の“ロシア追放”に驚きを隠せず
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング