専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

9年ぶり敗戦も「勝っていたと思う」と吐露。カネロの発言に米記者たちは異論「一番苦戦したのはビボルのスキルだ」

THE DIGEST編集部

2022.05.09

ビボル(左)の巧みな試合運びを前に攻め手を欠いたカネロ(右)。そんな“世界最強”の男の言動が注目を集めた。(C)Getty Images

ビボル(左)の巧みな試合運びを前に攻め手を欠いたカネロ(右)。そんな“世界最強”の男の言動が注目を集めた。(C)Getty Images

 ボクシング界にとって、サプライズといえる結末が話題沸騰だ。現地時間5月7日にアメリカ・ラスベガスで行なわれたWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチだ。

 4団体統一世界スーパーミドル級王者として、およそ2年6か月ぶりにライトヘビー級のベルト奪還に燃えた“カネロ”ことサウル・アルバレスだったが、現王者のドミトリー・ビボル(ロシア)に判定負けを喫したのである。
【動画】ビボルに対する挑発パフォーマンス! カネロが見せた振る舞いをチェック

 当代屈指の猛者が敗れるのは、2013年9月のフロイド・メイウェザーJr.(アメリカ)戦以来、9年ぶりの出来事。ゆえに試合開始時にわれんばかりの「メヒコ」コールを送っていた会場も騒然とした。

 もっとも、当人は周囲の喧騒を意に介していない。英メディア『talk SPORT』のマイケル・ベンソン氏によれば、カネロは、試合後会見では「勝っていたと思う。たぶん4ラウンドか、5ラウンドの出来で負けになったんだろう。でも、絶対に負けじゃなかった。体重の問題があって、100%とは感じていなかった」と吐露。ややフラストレーションを抱いたような表情を浮かべたという。

 3人のジャッジが115-113とするフルマークでの敗北だけに、試合を観ていた現地記者からは、カネロに対して異論が噴出している。米スポーツ専門局『ESPN』のマイク・コッピンジャー記者が「接戦でもなかった」と指摘すれば、同局で記者を務めていたスティーブ・キム氏は、こう論じた。

「今でもカネロは素晴らしいエリート選手だ。しかし、今夜はライトヘビー級にふさわしい選手ではないことを示してしまった。カネロが一番苦戦したのはビボルのスキルだった。彼の言うサイズの問題ではない」

 試合後に「このままでは終われない。僕は負けず嫌いだし、再戦を望む。今度はもっといい結果を出したい。強くなって戻ってくる」と意気込んだカネロ。はたして、メキシコの英雄にリベンジの機会は与えられるのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】カネロの衝撃敗北でマッチメイクが混乱!? ビボルに屈した直後の“雪辱戦希望”でゴロフキンとの3度目の大一番は再考か

【関連記事】“世界最強”カネロの9年ぶりの敗北に世界も驚愕! 母国紙は「ビボルが並外れた試合を見せつけた」と王者を絶賛

【関連記事】“新”WBO王者バトラー、カシメロ陣営を「ルールを知らないは通じない」と辛辣非難! 井上尚弥戦には「名誉」と闘志
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング