専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
格闘技・プロレス

「完璧な出来栄えだ!」米フィギュア17歳の4回転アクセル成功に世界が衝撃!「羽生ならもっと美しい」との声も

THE DIGEST編集部

2022.05.14

4回転アクセルを引っ提げて、来季にシニア本格参戦を果たすマリニン。特大の注目を集めそうだ。(C)Getty Images

4回転アクセルを引っ提げて、来季にシニア本格参戦を果たすマリニン。特大の注目を集めそうだ。(C)Getty Images

 米国フィギュアスケート界が誇る新星がやってのけた。4月に行なわれた世界ジュニア選手権で見事優勝を果たした17歳、イリア・マリニンが練習でクリーンな4回転アクセルを成功させたのだ。
【関連動画】世界が衝撃! 17歳マリニンが練習で成功させた4回転アクセルの実映像をチェック!

 その動画を紹介したのが、米国フィギュアスケート協会の公式ツイッターで、「しっかり見たよ、イリヤ!」と祝福のコメントを添えた。上下ブラックの練習着で登場したマリニンは滑らかに前向きの姿勢を取ると、鮮やかな踏み切りから凄まじい高速回転を披露。しっかり着氷に成功し、最後はポーズを決める余裕も見せた。

 これまでもさまざまな4回転ジャンプを公式戦で成功させて、みずからのSNSアカウント名を「@quadg0d(4回転の神)」とするほど自信を深めてきた。1月の全米選手権で銀メダルに輝いたものの、シニアでの経験不足を理由に北京五輪へのエントリーが見送られた。その悔しさを糧に臨んだのが世界ジュニア選手権だ。SP88.99点、フリー187.12点、合計276.11点というジュニアの世界最高得点をマークして、堂々の優勝を飾ったのである。

 欧州放送局『Eurosport』は「なんて完璧な出来栄えなんだ! 4回転アクセルをこれほど綺麗に決めるなんて!」と驚嘆し、「現在は数多の男子選手が習得を目ざしているが、誰よりも先んじてやってのけたのだ」と報じた。米大手ネットワーク『NBC』も「画期的な出来事だ。男子フィギュアスケートは新たな時代に突入するだろう」と評している。

 現場に居合わせた米国人コーチのトム・ザカイセック氏は「今日だけでイリヤは2度も4回転アクセルに成功したんだ。綺麗に着氷する光景を見て、本当に爽快な気分になったよ」と興奮気味にツイートしている。
 

 さすがのビッグニュースに、フィギュア大国・ロシアも反応した。元五輪王者のアレクセイ・ヤグディン氏は『Sport24』にコメントを寄せ、「1年半くらい前から彼を知っていた。抜群の才能を持っているからね。そうか、ついにやったんだな。トレーニングとはいえ、素晴らしいトピックだと思うよ」と絶賛。一方で、マリニンがロシアにルーツを持っている点に触れ、「彼がロシア代表じゃないのが残念だ。4回転アクセルの成功には、ロシアのDNAも寄与していると確信しているよ」と私見を付け加えている。

 同じくロシアの名振付師でアイスショーのプロデューサーでもあるイリヤ・アベルブフ氏は、日本の羽生結弦との比較論を持ち出した。「マリニンがタレント性豊かな選手なのは知っているし、今回の成功はとてもファンタスティックだ」と称えたうえで、「ただもしハニュウが4回転アクセルに成功したなら、もっと美しいものになるのだろう。この日本人は高次元の伝説であり、フィギュアスケート界の先導者だ。彼の挑戦にも期待を寄せ続けるよ」とエールを贈った。回転不足で成功には至らなかったが、羽生は先の北京五輪で果敢にチャレンジして、4回転アクセルをジャンプとして世界初認定させている。

 はたして、公式戦で初めてクリーンな“クワッドアクセル”を決めてその名を歴史に刻むのは誰か。2022-23シーズンの到来がいまから楽しみだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】世界が衝撃! 17歳マリニンが練習で成功させた4回転アクセルの実映像をチェック!

【画像】ロシア・フィギュア界が誇る絶世の美女、アリーナ・ザギトワの厳選フォトをお届け!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング