専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

初実施のF1スプリント予選への反応は概ね好評!「継続希望」「ファンが楽しければ…」ハミルトンは“土日のみの開催”を提唱

THE DIGEST編集部

2021.07.19

 予選で8位と躍進するも、決勝では9位、さらにカルロス・サインツ(フェラーリ)との接触で決勝での3グリッド降格の処分を受けたジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)は、このセッションについては「本当に楽しかった。車を限界までプッシュし続けた。タイヤの劣化が始まったのは、最後の2周からだった。通常のレースで何かが起こるのは、この後からだ」とポジティブな反応を示すも、「レースを10位以内でフィニッシュしてもポイントが得られないのは奇妙だし、少しフラストレーションも感じる」と本音も吐露している。

 ポールポジションでのスタートながら、スタートでフェルスタッペンの先行を許したルイス・ハミルトン(メルセデス)も「ファンは楽しんだと思う。レースは多ければ多いほど良いだろう」と評価しながらも、レースとしては「非常に難しいものだった」とも。また、環境を配慮する見地から「個人的には、グランプリは土曜日と日曜日の2日で十分だと思う」と持論を語った。
 
 彼のチームメイトで、3位スタートで順位を守ったヴァルテリ・ボッタスは、「スプリント予選よりも、金曜日の予選が楽しかった。新フォーマットは楽しいものだが、メインの楽しみは日曜日にとっておきたい」と、こちらも反応はポジティブである。

 その他では、11位に終わったサインツが「判断するのは僕じゃない。このフォーマットはファンのためのものであり、彼らが楽しむことが、僕の望みでもある」、マクラーレンのダニエル・リカルド(6位)は「日曜日の決勝レースと同じ感覚だった」、そして角田の猛追をかわしたアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィ(15位)は「正直、よく分からない」と、それぞれコメントを残している。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング