専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
バレーボール

バレー女子代表監督に復帰の眞鍋新監督が就任会見。「パリを逃せば、マイナー競技になってしまう」と強い危機感

北野正樹

2021.10.22

 パリ五輪まで、あと3年。五輪出場権をかけた試合は、チームのスタートから1年数か月後に始まる。再建の時間は少なく火中の栗を拾った格好だが、眞鍋新監督は「難局で悩んだが(男子代表選手として)33歳でアトランタ五輪をかけた試合に負けた悔しさと、日の丸にかける思いは強い」と、引き受けた理由を説明した。関係者によると、「真鍋氏を推薦したのは、Vリーグチームの総意」といい、オールジャパンでの支援体制が望める点も、決断を後押ししたとみられる。

 10月14日の理事会で承認されたばかりの、JVAの男女強化を担当する矢島久徳・ハイパフォーマンス事業本部長は「より良い結果を出すためにより多くの努力が求められる。バレーにかかわるすべての方々に支援をいただけるよう、関係各所とコミュニケーションを取って物事を進めたい」と語り、十分な議論が少ないままに物事を進めてきたといわれる旧強化体制からの決別を強調した。
 
 また、同様に新任の中村貴司・女子強化委員長は「スタッフや選手が持てる力を発揮できるような環境づくりを行ない、パリ、ロサンゼルス以降につながる若手を、中学・高校・大学の関係者と連携を取って発掘・育成に努めたい」と、強化方針の一端を示した。

 眞鍋新監督は、大商大出身。Vリーグの新日鉄(現堺)などで選手として活躍。監督として男子の新日鉄、女子の久光製薬(現久光)の男女チームをリーグ優勝に導いた。2008年12月に女子代表監督就任が決まり、12年のロンドン五輪で銅メダル。リオデジャネイロ五輪後の16年10月に退任した。出身地の兵庫県姫路市で発足したVリーグ女子の「ヴィクトリーナ姫路」の球団オーナーを務めていたが、退任し代表監督に専念する。

文●北野正樹(フリーライター)
【プロフィール】きたの・まさき/1955年生まれ。2020年11月まで一般紙でプロ野球や高校野球、バレーボールなどを担当。南海が球団譲渡を決断する「譲渡3条件」や柳田将洋のサントリー復帰などを先行報道した。関西運動記者クラブ会友。

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング