専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
マラソン・駅伝

【箱根駅伝】“5つのトピックス”で往路の明暗を振り返る!ルーキーの活躍、青学大シード権外…

佐藤俊

2021.01.03

往路優勝の立役者、4区でトップに躍り出る快走を見せた、創価大の嶋津雄大。写真:JMPA

往路優勝の立役者、4区でトップに躍り出る快走を見せた、創価大の嶋津雄大。写真:JMPA

★創価大、初の往路優勝

 創価大は見事な往路優勝だった。順位は1区から3-2-2-1-1で5区間で常に3位内をキープして、4区でトップに立った。総じて好走を見せていたが、一番は4区で首位に立った嶋津雄大(3年)の走りだろう。3区終わりでトップの東海大と34秒差があったが、わずか5.6キロで東海大に追いつき、しばらく並走して置き去りにした。そのまま脚がつりそうになりながらも必死に走り、4区を走り終わった時点で2位の駒大に1分42秒差をつける粘り強い走りを見せた。
 
 今年はコロナ禍で出雲駅伝が中止になり、全日本大学駅伝は書類選考で落選し、その悔しさを箱根駅伝にぶつけた。昨年往路7位に入った自信もあり、チームは圧倒的な練習に裏付けられた自信をもって箱根に臨んだ。強豪校といわれる青学大、明大、城西大、早稲田大がうまく流れに乗り切れず、順位を落とす中、創価大は高いアベレージを維持し往路を獲った。

 往路で2位の東洋大に2分14秒の差をつけ、目標の総合3位内は見えてきている。創価大が復路でも強さを見せつて総合優勝をすれば、箱根戦力図が大きく書き換えられることになるだろう。

取材・文●佐藤俊(スポーツライター)

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング