専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【野村弘樹のパ・リーグ順位予想】どこが優勝しても不思議はないが、主力退団をはね除ける西武に期待大!

野村弘樹

2020.06.18

開幕前に調子を上げた西武新外国人のスパンジェンバーグ。秋山流出の穴を埋めることを期待されているが、野村氏の見立ては……。写真:滝川敏之

開幕前に調子を上げた西武新外国人のスパンジェンバーグ。秋山流出の穴を埋めることを期待されているが、野村氏の見立ては……。写真:滝川敏之

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、3月20日の開幕が延期になってから3か月。プロ野球の新シーズンが、ついに6月19日に幕を開ける。およそ5か月間で120試合を戦う未曾有の過密日程には、どんなドラマが待っているのか。現役時代は横浜で活躍し、最多勝も獲得した野村弘樹氏に、2020年シーズンの順位を改めて予想してもらった。

【野村氏のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 西武
3位 楽天
4位 ロッテ
5位 オリックス
6位 日本ハム

 セ・リーグにも言えることですが、今年のような“特殊”なシーズンは、どのチームが優勝しても不思議はありません。本当に読めないので、順位予想は3月から変更はしていません。今年はレギュラーシーズン120試合となりますが、もしこれを昨年のパ・リーグに当てはめると、その時の首位はソフトバンクでした(西武が初めて首位に立ったのは130試合目)。

 予想が難しい中でソフトバンクを1位にしたのは、やはり選手層の厚さと、前回の予想で不安材料にしていたことが解決されそうだからです。千賀滉大と高橋礼がかなり早い段階でローテーションに加わりそうですし、新型コロナウイルスの影響でオリンピックが延期になり、相当数の主力が引き抜かれると予想されていたものがなくなったわけですから。今の数少ない不安はデスパイネ、グラシアル、モイネロのキューバ組の来日目途が立っていないことですが、彼らがいなくてもソフトバンクには代わる戦力がいます。

 2位の西武は、やはり「1番・センター」秋山翔吾の穴をどう埋めるのか。練習試合ではスパンジェンバーグが好調とはいえ、新外国人選手がシーズン前に好調なことは必ずしも喜ばしいことではありません。この時期、相手ピッチャーは情報収集のために、あえて打ちやすいコースに投げ込んで「打たせている」部分があるからです。だから、新外国人に関しては、ちゃんとシーズンが始まるまでは過度な期待を抱くのをやめた方が良いでしょう。
 
 しかし西武は、主力が流出しても毎年頑張っていますから、期待してしまいますね。岸孝之(現・楽天)、浅村栄斗(現・楽天)、菊池雄星(現シアトル・マリナーズ)と抜けていく中で、彼らの影響を感じさせてこなかったことは、チームとしての力がある証拠です。西武は取材に行く度に驚かされるのが、主力が本当に良く練習しているんですよね。キャンプでも18時、19時になってもずっと練習していて、後輩はその姿を見て、「自分たちも頑張らねば」という気持ちになっているのではないでしょうか。

 やはり西武は投手力が弱いので、今井達也と髙橋光成の独り立ちに期待、というよりは、やってもらわにゃ困ります。二人ともそれだけの能力は持っているわけですから。練習試合を見ていたら、今井のフォームがダルビッシュ有(シカゴ・カブス)と似た形になっていました。元々、似た雰囲気はありましたが、ダルビッシュと同じように活躍するようになったら面白いですよね。

 今年は連戦が続くのでブルペンが大事です。西武は昨年、ブルペンを総動員して勝ってきました。確かにシーズンの遅れで昨年分の疲労度はかなり回復したでしょうが、今年はもっと頑張らなければいけないので、日程面で楽観視はできないでしょう。だからこそ、完投できるだけの能力値を持っている今井と髙橋がキーマンになるかと思います。
 

■■■プロ野球はDAZNで!「THE DIGEST」から申し込むと今だけDAZNが2か月無料に!キャンペーンは6月23日(火)まで!■■■

NEXT
PAGE
オリックスは選手ひとりひとりは良いんだけど……

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング