専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

甲子園交流試合の注目カード5選!履正社×星稜は昨夏決勝の再戦、大阪桐蔭×東海大相模の“東西横綱対決”

西尾典文

2020.08.09

昨年夏の決勝で対決した履正社と星稜のリマッチは4日目の第1試合に行われる。写真:産経新聞社

昨年夏の決勝で対決した履正社と星稜のリマッチは4日目の第1試合に行われる。写真:産経新聞社

 いよいよ明日から開幕する2020年甲子園高校野球交流試合。独自大会が終わっていない地域もあるが、やはり甲子園で行うということで、この大会への意気込みが強いチームも多いはずだ。そこで今回は全16試合の中から特に注目のカード5試合について見どころを探ってみたいと思う。

▼第1日第1試合(10日・10時~)
大分商(大分)×花咲徳栄(埼玉)

 初日の第1試合からいきなりの好カードとなった。最注目は大分商のエース・川瀬堅斗と花咲徳栄の主砲・井上朋也の対決だ。川瀬は太腿の肉離れもあって大分の独自大会では本調子ではなかったが、145キロを超えるストレートと大きいカーブを生かした投球は高校生ではトップクラス。井上も長打力と確実性を兼ね備えた右の強打者で対応力も高い。勝っても負けても1試合しかないということで、花咲徳栄の岩井隆監督は井上を1番で起用すると明言しており、いきなり初回から二人の対決が見られそうだ。試合展開としては、花咲徳栄打線を川瀬がどこまで抑えられるかがポイントとなるだろう。
 
▼第3日第1試合(11日・10時~)
智弁学園(奈良)×中京大中京(愛知)

 この夏で高校ナンバーワン投手となった感のある中京大中京のエース・高橋宏斗が最大の注目。愛知大会では毎試合150キロを超えるスピードをマークし、抜群のピッチングを見せている。野手にもキャッチャーの印出太一、ショートの中山礼都、センターの西村友哉など好素材は目白押しで、チームの総合力は大会でもトップと言えるだろう。対する智弁学園は2年生に面白い選手が多い。特に1年夏から中軸を打つ前川右京は今大会でも屈指の強打者でパンチ力は十分だ。高橋相手に智弁学園打線がどこまで食らいつけるかに注目したい。

▼第4日第1試合(15日・10時~)
履正社(大阪)vs星稜(石川)

 昨年夏の甲子園決勝戦のカードの再来となった。履正社は昨年から中軸を打つ小深田大地、新チームから4番に座る関本勇輔など今年も力のある打者が揃っている。昨年の優勝投手である岩崎峻典が故障で出遅れたのは気がかりだが、他にも140キロを超える投手を複数揃えており、チーム力は大会屈指だ。一方の星稜も内山壮真、知田爽汰と旧チームから中軸を打つ二人を中心に得点力の高さが光る。奥川恭伸(ヤクルト)のような絶対的なエースはいないだけに、昨年とは違い点の取り合いになる可能性も高そうだ。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング