専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

衝撃の一発…大谷翔平、「2番・投手」で初球先制アーチ! 打球速度はトラウト越えの球団新記録!

THE DIGEST編集部

2021.04.05

大谷が放った一発は、あの打者を超える驚異のスピードをマークした。(C)Getty Images

大谷が放った一発は、あの打者を超える驚異のスピードをマークした。(C)Getty Images

  ”怪物”は、やはり”怪物”だった。

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間4月4日、シカゴ・ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。大谷が渡米後、投打同時に出場するのは初のこと。それだけではない。MLBでも、「2番・投手」は1902年9月1日のワッティー・リー、1903年9月7日のジャック・ダンリービー以来118年ぶり史上3人目のことだった。

 大事な初回のマウンド、スライダーは抜けながらも4シームは最速100.6マイル(161.9キロ)を計測するなど圧巻のスピードを計測。切れ味鋭いスプリッターで空振り三振も記録するなど上々の立ち上がりとなった。

 そしてその裏、さらなる衝撃が待っていた。
 
 1死後、2番・大谷に打席が回るとその初球。97マイル(156キロ)の速球を一閃すると、打球はそれと分かる完璧なホームランとなって右中間スタンドへと消えていった。エンジェルスの投手の本塁打は、1972年のフライド・ライト以来49年ぶりという歴史的な一発だった。

 そしてもう一つ、大谷は球団記録を更新した。飛距離451フィート(約137.5メートル)の一発は打球初速115.2マイル(約185.4キロ)をマーク。これはMVP3回を誇るマイク・トラウトが2018年6月11日に記録した115.0マイル(約185.1キロ)を抜き、スタットキャスト導入後の球団新記録となっている。

 2回には2つの三振を記録して最高の滑り出しとなった。やはりこの男、底が知れない。

構成●THE DIGEST編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】メジャー震撼…"投手"・大谷がトラウト越えのスーパーHR

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング