専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

元横浜主砲グリエルを焦らせた大谷翔平の“走塁技術”に米記者も熱視線!「最も過小評価されている能力だ」

THE DIGEST編集部

2021.04.06

果敢な走塁でチームを勝利に導いた大谷。グリエルも意表を突かれたスピードに脚光が集まっている。 (C) Getty Images

果敢な走塁でチームを勝利に導いた大谷。グリエルも意表を突かれたスピードに脚光が集まっている。 (C) Getty Images

 エンジェルスの大谷が連日連夜の奮闘を見せた。

 現地時間4月5日に行なわれたアストロズ戦で、8回裏に下位打線による連打で繋いだ勝ち越しの好機で、代打で起用された大谷は、相手右腕ジョー・スミスのスライダーが足にぶつかる死球を受けて出塁した。この日最大の見せ場が訪れたのは、この後だった。

 無死満塁のチャンスとなってからまずデクスター・ファウラーのタイムリーで1点差としたエンジェルスは、さらに二ゴロの間に同点とすると、直後に前日にツーランホームランを放っていたジャレッド・ウォルシュが強烈な一ゴロを放つ。この痛打をアストロズ一塁手で、元横浜DeNAベイスターズの主砲であるユリ・グリエルが横っ飛びでキャッチ。しかし、3塁走者だった大谷は果敢にホームへ突入する。

【動画】名手グリエルが焦った!? 大谷翔平の積極果敢な走塁シーンはこちら
 普通であればアウトのタイミングではあった。だが、大谷のスピードとタイミングに意表を突かれて焦ったのか、守備の名手グリエルの送球はやや右へと逸れ、エンジェルスの背番号17は勝ち越しのホームを踏んだ。

 本拠地エンジェル・スタジアム・オブ・アナハイムのファンを熱狂させた大谷の積極果敢な走塁は、現地記者の間でも小さくない話題となっている。米新興メディア『The Athletic』などで執筆する番記者ファビアン・アルダヤ氏は、自身のツイッターで「オオタニのスピードは最も過小評価されている能力かもしれない」と綴った。

 打って、投げて、走って――。まさに全てが揃った夢の野球選手として存在価値を高めている大谷。チームも開幕4戦3勝と好スタートを切っているだけに、今後もそのパフォーマンスから目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】名手グリエルが焦った!? 大谷翔平の積極果敢な走塁シーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング