専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「試合をほぼ支配していた」メジャー2勝目・有原航平の好投を指揮官が絶賛!「オオタニの第3打席を迎える前」に交代させた理由は…

THE DIGEST編集部

2021.04.20

無失点のピッチングで、メジャーで2勝目をあげた有原。(C)Getty Images

無失点のピッチングで、メジャーで2勝目をあげた有原。(C)Getty Images

 昨オフに日本ハムからテキサス・レンジャーズに移籍した有原航平が4月19日(日本時間20日)、敵地で行なわれたロサンゼルス・エンジェルス戦に先発。今季4試合目の登板では5.2回77球を投げ、被安打2、無失点、2四球6奪三振の好投で2勝目を飾った。

 日本ハム時代のチームメイトでキャッチボール相手だったエンジェルスの大谷翔平が、この試合「2番・DH」として出場しており、ふたりの直接対決に注目が集まった。味方の好守備もあり、後輩・大谷を2打席無安打に抑えた有原は、さらに主砲・マイク・トラウトからは2打席連続で空振り三振を奪っている。

 この快心のピッチングは、現地メディアでも取り上げられている。米国のスポーツ誌『Sports Illustrated』のレンジャーズ版では、クリス・ウッドワード監督のコメントを紹介。「アリハラはエンジェルス打線を容易くアウトに仕留めているように見えたね」と有原のピッチングを高く評価し、以下のように続けている。

「彼は好投していたから、長く投げさせたくなかったんだ。うまく投げられていないような場面で、オオタニにホームランや長打を打たれるようなことだけは避けたかった。だから、オオタニの第3打席を迎える前の場面で交代させたんだ」
 
 6回二死から9番のルイス・レンジーフォにストレートのフォアボールを与えると、続くデビッド・フレッチャーに右前打を許してランナー一二塁となり、大谷を迎える場面で有原は降板。この日、有原は大谷にセンターフェンスを越えるかという当たりを放たれており、センターを守っていたアドリス・ガルシアがフェンス際でジャンプして捕球する好守備でホームランを免れていた。指揮官の頭には、その残像がよぎったのだろう。

 それでも「とはいえ、今夜のアリハラは試合を通してほぼ支配していたよ」と指揮官は有原の投球を称賛。5日前のタンパベイ・レイズ戦で初勝利をあげ、その勢いをキープしたまま2勝目を手にした有原。野球の本場アメリカで、ルーキーイヤーにどこまで活躍できるか注目だ。

構成●THE DIGEST編集部 

【PHOTO】イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ…MLBで活躍した歴代日本人選手を一挙振り返り!
NEXT
PAGE
【動画】6つの三振を奪う好投!有原の奪三振ハイライト

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング